【ドラマニア】北川景子×竹内結子×水原希子…こだわり満載!1月期「働く女のファッション」を大調査

冬は「思うようにお洒落が決まらない」「コーディネートが難しい」――そんなファッションの悩みを解決してくれるのが、1月期ドラマを彩る女性たちの華やかな後ろ姿。

最新ニュース コラム
「家売るオンナの逆襲」第4話 (C) NTV
「家売るオンナの逆襲」第4話 (C) NTV 全 13 枚 拡大写真
冬は「思うようにお洒落が決まらない」「コーディネートが難しい」――ファッションの悩みが付きません。そんな悩みを解決してくれるのが、1月期ドラマを彩る女性たちの華やかな後ろ姿。今日は中でも個性的なお洒落が光る、こちらの3人をピックアップ! 働く女性必見、役立つ豆知識と共にご紹介して参ります。

独特の色使いがカッコイイ! 色×色が魅せる個性
「家売るオンナの逆襲」北川景子/三軒家万智


「家売るオンナの逆襲」第4話 (C) NTV「家売るオンナの逆襲」第4話より
東京オリンピックを控え、熾烈な住宅売買競争が繰り広げられている東京――そこに現れた天才的不動産屋・三軒家万智(北川景子)を主人公に、「私に売れない家はない」の名台詞で知られる本作。

働く女性の代表とも言える三軒家が身に纏うのは、とにかくカラフルなものばかり。赤、青、黄色と、毎話異なる色のロングコートが強烈な印象を残していますよね。さらに、インナーや靴、鞄なども決して消極的に構えることなく、色に色を重ねていく独特のスタイルは、三軒家の心根の強さを象徴していると言えるでしょう。ついつい控えめな色使いをしてしまうという方は是非、「家売るオンナ」を参考に一度その殻を破ってみては?

「家売るオンナの逆襲」第4話 (C) NTV「家売るオンナの逆襲」第4話より
今週放送の第4話では、定年を間近に控えた企業戦士・山路功夫(佐野史郎)から資金援助する娘夫婦の住宅購入を相談される三軒家。勤労を美徳とする功夫とは対照的に、娘婿・健太郎(田村健太郎)は会社で責任あるポストにつくことを拒みます。一方、娘・花(北原里英)も功夫の進める資産価値の高い家を「ダサい」と言って気に入らず…。難航する家探しとは裏腹、パキッとカラフルな冬コーデで変わらず邁進する三軒家の姿を是非お見逃しなく~。

「家売るオンナの逆襲」第4話 (C) NTV「家売るオンナの逆襲」第4話より

フォーマルをクールに着こなす、お洒落上級者
「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」竹内結子/氷見江


「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」提供元フジテレビ
主人公・氷見江(竹内結子)は、法廷を介さずして様々なスキャンダルと対峙・解決していく専門弁護士。逃げ場を失い崖っぷちに立たされた女性たちを救うべく奔走する姿は、見ていてとても爽快! 憧れを抱く女性も多いのではないでしょうか。

さらに、彼女の格好良さを後押ししているのが、クールでお洒落なファッションアイテムの数々。職業柄シックな黒(ジャケット)を着用しているシーンが多いように思われるのですが――そこにチョイ足しされている小物使いがとにかく上級者。中でも、働く女性たちの憧れとも言える豪華アクセサリーは「見るだけで眼福」「テンションが上がる」と大きな話題に。世界を代表するラグジュアリーファッショングループ・ケリングの「ブシュロン(BOUCHERON)」が全面バックアップしているとあって、抜群の安定感でドラマを支えてくれています。

「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」第4話 (C) フジテレビ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」第4話より
今週の放送で氷見が立ち向かうのは、大手ゼネコン次期社長候補・佐久間からの依頼。その内容はなんと、ご近所トラブル!?  住まいであるタワーマンションの玄関前にゴミがばら撒かれたり、誹謗中傷のビラを貼られたり…嫌がらせに困っていると言います。マンションのセキュリティー上、佐久間家に嫌がらせを働いているのはマンション内の人間の可能性が高いこと、そしてそびえ立つタワーマンションの底にドロドロとした人間関係が渦巻いていることを知り――。氷見の潜入捜査の目が、キラリ光る第4話をお楽しみに。

「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」第4話 (C) フジテレビ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」第4話より

適材適所で輝く! ハイセンスのリーガルコーディネート
「グッドワイフ」水原希子/円香みちる


「グッドワイフ」第4話 (C) TBS「グッドワイフ」第4話より
夫が汚職逮捕されたことをきっかけに、母として、16年ぶりに法廷に立つことを決めた主人公・蓮見杏子(常盤貴子)。ドラマ「グッドワイフ」は2009年から7年間アメリカで放送された原作を元に、スタイリッシュな映像美で法曹界を描いていきます。

水原希子さんが演じるのは、同じ法律事務所で働くパラリーガルという役どころ。幅広い交友関係を駆使して、勝訴をサポートするために手段を選ばないちょっぴりダークな人柄、瞳に宿したどっしりとした強さが、そのままファッションにも出ていて――。ワンピースからパンツスタイル、カジュアルからフォーマルまで…適材適所でキラリ輝くハイセンス。幅広いジャンルのリーガルコーディネートが楽しめる一作となっています。

「グッドワイフ」第4話 (C) TBS「グッドワイフ」第4話より
続く第4話では、杏子の親友・奈津子(須藤理彩)の息子・翔平(佐藤緋美)が傷害致死容疑で逮捕されてしまいます。容疑を否認するも、指紋や目撃証言があり、無実を証明する手がかりが見つからず…。情状酌量を主張する朝飛(北村匠海)に対し、裁判で争うべきだという杏子。二人のやり取りを溜息顔で見つめるみちる――そのファッションも合わせて要チェックです!

「グッドワイフ」第4話 (C) TBS「グッドワイフ」第4話より
以上、彼女たちのコーディネートを楽しむだけでも十分見る価値のある、非常にファッショナブルなドラマ。是非一度、お試しあれ。

《text:Yuki Watanabe》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加