戸田恵梨香&大原櫻子、子どもたちとの共演ふり返る…『あの日のオルガン』場面写真

『あの日のオルガン』でW主演を務めた戸田恵梨香と大原櫻子の場面写真がシネマカフェに到着した。

映画 邦画ニュース
『あの日のオルガン』(C)2018「あの日のオルガン」製作委員会 
『あの日のオルガン』(C)2018「あの日のオルガン」製作委員会  全 11 枚 拡大写真
太平洋戦争末期、子どもたちのために日本で初めて保育園を疎開させることに挑んだ保母たちの実話を描いた『あの日のオルガン』。この度、本作でW主演を務めた戸田恵梨香と大原櫻子の場面写真がシネマカフェに到着した。

>>『あの日のオルガン』あらすじ&キャストはこちらから

今作で初共演となった主演の戸田さんと大原さん。東京大空襲の戦火を逃れた「疎開保育園」の実話を描く本作で戸田さんが演じるのは、責任感の強い保母たちのリーダー・板倉楓役。一方、大原さんは天真爛漫で音楽好きな保母・野々宮光枝役で出演している。

『あの日のオルガン』(C)2018「あの日のオルガン」製作委員会
空襲から逃れるため、そして豊かな感性が伸び盛りの子どもたちにはなんとか普通の日常生活を営んでほしい、という強い願いで立ち上げた疎開保育園では、戦争の陰が近づきつつも、オルガンを弾き、歌を歌い、山を駆け回り、沢山の笑顔で溢れかえっており、今回到着した場面写真でもその溢れる笑顔が覗ける。悪戦苦闘する疎開生活だが、若い保母たちの懸命な努力と明るく前向きな笑顔が、子どもたちを勇気づけているのだ。

『あの日のオルガン』(C)2018「あの日のオルガン」製作委員会 
撮影では、保母役のキャストたちが子どもたちのお世話をしていたそうで、戸田さんは「振り回されることもあるけれどとにかく可愛くて、子どもたちと過ごすことで一瞬でも何も考えなくていい時間が生まれたり、笑顔に癒されながら、頑張っていました」とふり返り、大原さんも「ずっと子どもたちと関わっていると、保母という意識とお芝居に繋がりますし、自然と子どもたちを守りたくなる環境にいられました。子どもたちの笑顔を見ると、大変なことも全部吹き飛びます!」と、子どもたちに救われていた様子。

『あの日のオルガン』(C)2018「あの日のオルガン」製作委員会
また戸田さんは「保母さんたちが諦めそうになっているシーンを撮影しているとき、ひとりの男の子が『なんで戦争やってるの? アメリカから逃げたらいい!』って言っていて…。胸がギューっと締め付けられて、子どもってすごく強い存在なんだなあ、と思い知らされました」と心を揺さぶられたエピソードも告白した。

『あの日のオルガン』(C)2018「あの日のオルガン」製作委員会
撮影を通して、子どもたちと濃密な時間を過ごした保母演じるキャストたち。その子どもたちとの深い関わり合いで生まれた芝居を超えた関係性と表情は、本作の大きな魅力の一つとなるに違いない。

『あの日のオルガン』は2月22日(金)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。

《cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加