岡田惠和脚本×辻仁成監督、無戸籍児を描く『真夜中の子供』クラウドファンディング開始

岡田惠和脚本『真夜中の子供』のクラウドファンディングが、「Makuake」でスタートした。

映画 邦画ニュース
「真夜中の子供」映画化プロジェクト
「真夜中の子供」映画化プロジェクト 全 3 枚 拡大写真
連続テレビ小説「ひよっこ」の岡田惠和が脚本、辻仁成が監督として自身の小説を映画化する『真夜中の子供』のクラウドファンディングが、「Makuake」でスタートした。

響が蓮司と初めて会ったのは、警察学校を出て中洲警部交番に着任した頃のこと。巡回していた真夜中の公園通りの路地裏で幼い子どもと出会う。その子どもが蓮司、当時7歳だった。中洲で働くホストとホステスの両親は、蓮司のことを放ったらかしにしていた。一人夜の街へ放り出された蓮司。夜の街中洲は蓮司にとって遊び場であり、生きていくために過ごすホームのような場所。中洲に住むワケありな人たちは蓮司の境遇を思い、食べ物や寝る場所を与えた。中洲の大人たちも、それぞれに人には言えない事情を抱えていた――。

本作は、福岡・中州を舞台に“無戸籍児”が周囲の大人たちに育てられ、愛されて成長していく物語。「海峡の光」で芥川賞を受賞し、ミュージシャン、映画監督など様々な分野で国内外を問わず活動する辻監督の同名小説が原作だ。

子育ての不安を赤裸々に語る、辻仁成/『グレート デイズ! -夢に挑んだ父と子-』トークイベント
インドネシアとの共同製作となる本作は、世界での公開を目標としており、日本で主流の「製作委員会方式」ではなく、海外で主流のやり方で映画づくりを行うことに。

そこでこのクラウドファンディングでは、たくさんの仲間を募集中。集まった資金の使い道としては、映画製作にかかる費用や宣伝活動費に。協賛者への特典は、エンドロールへの名前記載や水炊きセットなどが用意されている。

『真夜中の子供』映画化プロジェクトは「Makuake」にて実施中。
https://www.makuake.com/project/mayonakanokodomo/

『真夜中の子供』は2020年、公開予定。

《cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加