エイミー・アダムスも激似!? 夫を副大統領に押し上げた妻を熱演!『バイス』

『バイス』で、クリスチャン・ベイル演じる米副大統領ディック・チェイニーの妻リン・チェイニーを演じたエイミー・アダムスの激似写真を、シネマカフェが独占入手した。

映画 洋画ニュース
『バイス』妻リンとエイミー・アダムスの比較画像 左:Photo/Getty Images右:(C) 2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.
『バイス』妻リンとエイミー・アダムスの比較画像 左:Photo/Getty Images右:(C) 2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved. 全 8 枚 拡大写真
第91回アカデミー賞では俳優部門を総ナメし、計8部門にノミネートされている『バイス』。この度、クリスチャン・ベイル演じる米副大統領ディック・チェイニーの妻リン・チェイニーと、彼女を演じたエイミー・アダムスの激似写真をシネマカフェが独占入手。さらにアカデミー賞に6度目のノミネートとなったエイミーのコメントが到着した。

>>『バイス』あらすじ&キャストはこちらから

『マネー・ショート 華麗なる大逆転』のアダム・マッケイが監督し、ブラッド・ピットがプロデュースを手掛けた本作。ベイルがディック・チェイニーの20代から70代までを、体重を約20キロ激増して熱演、ゴールデン・グローブ賞では主演男優賞に輝いたことでも話題となった。そのチェイニーの妻、リンを演じたのが『アメリカン・ハッスル』や『メッセージ』のエイミー・アダムスだ。

■「またクリスチャン・ベイルと共演できるのは魅力だった」


エイミーが演じたリンは、のちに米副大統領となったディック・チェイニーとは高校時代からの付き合いで、成績はオールAだったという才女。チェイニーと結婚してからは彼を支え、選挙キャンペーンでは病院で静養を余儀なくされた彼に代わり、心に響くスピーチで夫の地盤ワイオミング州の人々を魅了するなど、切れ者の妻と知られている。

『バイス』 (C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.
「マッケイ監督が私を推してると、脚本を読む前の段階で聞いてたの。それにまたクリスチャン・ベールと共演できるのは魅力だった」とエイミー。「でも脚本を読んで難しい挑戦だと感じたわ。リンの20歳~70歳までを演じ分ける必要があるもの。それだけじゃなく同時に共感できる人物像にしなきゃならない。1つの事に全力で向かう女性よ。そして野心を持ち、信頼と尊敬を集めてる」と、ディック・チェイニーの妻役を引き受けた心境を語る。

『バイス』 (C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

■アダム・マッケイほど「入念に準備する監督はいない」


妻役をエイミーに決めたマッケイ監督は、「リン役は慎重に選ぶ必要があった。重要な役だから才能ある女優がよくてね。リンの愉快な人柄を表現できるユーモアを持っていて、一方で現実味のある演技ができる人だ。エイミーは初日から完ぺきだったよ!」とふり返る。夫を演じたベイルも、「エイミーは才能にあふれた大胆な女優なんだ。今回で共演は3度目だから、とても息を合わせやすかった」と“相性”の良さに触れた。

『バイス』 (C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.
エイミーは「この作品に参加を決めた時、彼(アダム・マッケイ)に伝えたわ。『現場で加わるセリフや、事実確認などの全面で、監督を信頼してる』ってね。そうすると自由に演技できる。彼ほど入念に準備する監督はいないわ。細部までこだわることで役が生き生きとして、皮肉も表現できるの。現場は驚きに満ちてる。それが好きだし監督を信頼してるの」と、全面的な信頼をもって撮影に挑んだことを明かしている。

『バイス』 (C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.
『バイス』は4月5日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加