杉野遥亮に「表情の演技が上手い」「お顔がずっと綺麗」などの声多数「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」6話

竹内結子、水川あさみ、中川大志、斉藤由貴らのチームプレイと映画のような映像美で話題の「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」。2月14日放送の第6話は注目の若手俳優・杉野遥亮がゲスト出演、今人気急上昇中の杉野さんに多くの視聴者から反応が寄せられている。

最新ニュース スクープ
「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」第6話 (C) フジテレビ
「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」第6話 (C) フジテレビ 全 5 枚
拡大写真
竹内結子、水川あさみ、中川大志、斉藤由貴らのチームプレイと映画のような映像美で話題の「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」。2月14日放送の第6話は注目の若手俳優・杉野遥亮がゲスト出演、今人気急上昇中の杉野さんに多くの視聴者から反応が寄せられている。

法廷ではなくスキャンダルの裏側で活躍する弁護士たちの活躍を描くノンストップ・エンターテインメントである本作。竹内さんが危機管理専門の異色弁護士にして天才トラブルシューターの氷見江を、水川さんが氷見の右腕にして友人のような関係でもある与田知恵をそれぞれ演じ、2人のコンビネーションも見どころの1つになっている。


2人の同僚として、中川さんが端麗な容姿と華やかな経歴ながら“ドジっ子”な駆け出し弁護士・藤枝修二を、斉藤さんがバツイチ子持ちの天才ハッカー・真野聖子をそれぞれ演じ、このチームが様々な案件を解決していく。

さらにバカリズムが氷見らが所属する大手法律事務所の副所長・鈴木太郎役で、泉里香が氷見と持ちつ持たれつな関係の敏腕週刊誌記者・東堂裕子役でそれぞれ出演。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
鈴木法律事務所に大物小説家・浮田千代子(真野響子)に関する危機管理の依頼が。千代子は秘書へのパワハラ疑惑で糾弾されていた。千代子のもとに出向いた氷見たちを迎えたのは千代子の若きイケメン秘書、若月礼二(杉野さん)。

礼二にフォーカスした番組で世論の疑惑を収束させる氷見たちだったが、礼二は元ホストで千代子の財産目当てだった。一転バッシングの対象になる礼二、そして千代子がガンで亡くなると、辞めたはずの秘書たちが資産管理の会社を立ち上げる動きを見せる…というのが今回のストーリー。


万能で優秀な秘書ながら強い野心を抱く裏も顔も持ち、最後には小説家として千代子の後を継いでいく…ドラマティックな役どころを演じた杉野さんは「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」や『キセキ -あの日のソビト-』『覆面系ノイズ』などで今急伸中の若手俳優。

SNS上では「杉野遥亮くんのお顔がずっと綺麗な1時間でした」とそのイケメンぶりについて触れた投稿はもちろん、「杉野くんの演技やっぱり好きだな」「表情の演技がとてつもなく上手い」など演技力を讃えるツイートも多数。

「ゴールデンのドラマに出演するなんて人気者になったなと実感」「杉野くんの人気が上昇していくのを感じます」と杉野さんのブレイクぶりに感慨を覚える視聴者の声も多数寄せられている。

《笠緒》

特集

この記事の写真

/
友だち追加