『翔んで埼玉』公開記念!武内英樹監督作『テルマエ・ロマエII』放送

2月16日(土)のフジテレビ系「土曜プレミアム」枠では、2014年に公開され大ヒットした映画『テルマエ・ロマエII』を本編ノーカットでオンエアする。

最新ニュース スクープ
『テルマエ・ロマエII』-(C) 2014「テルマエ・ロマエII」製作委員会
『テルマエ・ロマエII』-(C) 2014「テルマエ・ロマエII」製作委員会 全 6 枚 拡大写真
2月22日(金)より公開される映画『翔んで埼玉』。その公開を記念して2月16日(土)のフジテレビ系「土曜プレミアム」枠では、2014年に公開され大ヒットした映画『テルマエ・ロマエII』を本編ノーカットでオンエアする。

独創的な世界観が話題を呼んだ『翔んで埼玉』でメガホンを取った武内英樹監督が手掛けた『テルマエ・ロマエ』シリーズは、イタリア在住のマンガ家、ヤマザキマリが「コミックビーム」誌で2008年から連載開始した人気コミック。

古代ローマの浴場設計技師が現代日本の“風呂”にタイムスリップ。時間も文化も超えて接した日本の風呂文化に影響を受けながら浴場作りをしていくという物語となっており、2012年に実写第1作が公開され大ヒット。そのヒットを受けて製作、公開されたのが本作となる。

『テルマエ・ロマエII』ポスター -(C) 2014「テルマエ・ロマエII」製作委員会
斬新なテルマエ(浴場)を作ったことで一躍人気者になった古代ローマの浴場設計技師ルシウス(阿部寛)は、その功績によりコロッセオにグラディエイターを癒すテルマエ建設を命じられる。

アイデアに悩みまくるルシウスは再び現代日本にタイムスリップ。そこで風呂専門雑誌のライターに転向していた真実(上戸彩)ら「平たい顔族(=日本人)」と再会するのだが、その頃古代ローマでは平和推進派のハドリアヌス帝と武力行使派の元老院が対立。ルシウスもその中に巻き込まれていく。果たしてルシウスは日本の風呂文化でローマ帝国を二分する危機を救うことができるのか…という物語。

コロッセオで群衆に囲まれるルシウス(阿部寛)/『テルマエ・ロマエII』 -(C) 2014「テルマエ・ロマエII」製作委員会
ルシウス役の阿部さんをはじめケイオニウス役の北村一輝、アントニヌス役の宍戸開、ハドリアヌス役の市村正親ら日本が誇る(?)“顔の濃い”俳優陣が集結。

ヒロイン役として登場する映画オリジナルキャラの山越真実役を演じる上戸彩をはじめ、竹内力、笹野高史、キムラ緑子、松島トモ子らが現代日本側のキャラクターで登場。さらに曙、琴欧洲らも出演している。

『テルマエ・ロマエII』-(C) 2014「テルマエ・ロマエII」製作委員会
本作の武内監督の最新作となる映画『翔んで埼玉』は2月22日(金)より全国公開。

「埼玉が東京に虐げられる」という埼玉を徹底的にディスったストーリーが話題となった原作を関東圏一帯を巻き込んだ大スペクタクルにスケールアップ。GACKTと二階堂ふみがW主演を務める。

『翔んで埼玉』 (C) 2019映画「翔んで埼玉」製作委員会
土曜プレミアム『テルマエ・ロマエII』は2月16日(土)21時~フジテレビ系で放送。

《笠緒》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加