もがき苦しむ坂口健太郎の演技に「目覚めた」…「イノセンス 冤罪弁護士」9話

坂口健太郎が“冤罪”に立ち向かう弁護士を演じ主演する「イノセンス~冤罪弁護士~」もいよいよ終盤。3月16日放送の第9話では拓と秋保の関係に決定的な変化が訪れ、さらに楓にも大きな危機が…大きな困難に直面した拓の姿に視聴者から様々な声が寄せられている。

最新ニュース スクープ
「イノセンス 冤罪弁護士」第9話 (C) NTV
「イノセンス 冤罪弁護士」第9話 (C) NTV 全 6 枚 拡大写真
坂口健太郎が“冤罪”に立ち向かう弁護士を演じ主演する「イノセンス 冤罪弁護士」もいよいよ終盤。3月16日放送の第9話では拓と秋保の関係に決定的な変化が訪れ、さらに楓にも大きな危機が…大きな困難に直面した拓の姿に視聴者から様々な声が寄せられている。

大学時代に起きた事件をきっかけに冤罪と戦う弁護士となった黒川拓を坂口さんが演じる本作。拓と共に冤罪弁護に挑む新米弁護士・和倉楓を川口春奈が、拓の学生時代の先輩で科学者の秋保恭一郎を藤木直人が、拓の父で最高検察庁次長検事の真に草刈正雄、冤罪事件を取材するテレビディレクター・有馬聡子に市川実日子、そのほか、趣里、小市慢太郎、正名僕蔵、杉本哲太、志賀廣太郎らが出演する。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
11年前、秋保の妹が殺され拓の大学時代の友人が逮捕、拘留中に自殺した事件と手口が酷似した殺人事件が発生する。聡子の情報では被害者の首の刺し傷の特徴が11年前の事件と同じだという。被害者のストーカー・富士田順平(坂本真)が逮捕され、拓は11年前の事件の真実を突き止めるため弁護を引き受ける。

一方、真は秋保に接触、検察庁直轄の科学捜査機関の主要メンバーになってほしいと打診される。そんななか2人目の被害者が発見、富士田が再逮捕されることに。

現場に行った拓はそこで解決のヒントを掴み、秋保の実験によって2人目の被害者の死亡推定日が富士田の逮捕後であることが証明されるが、秋保は拓に自分が検察の機関に協力するつもりであることを告げる。


その後の裁判では検察官・指宿林太郎(小市さん)から11年前の事件についても問われ、拓は追い詰められる。その夜、落ち込んだ拓を励ましていた楓は、拓に近づくナイフを持った男を見つけ、拓をかばって刺されてしまう…というのが9話の展開。

前回、再審請求が棄却された拓は今回終始落ち込み気味。楓の腕を握ってすがるような表情を見せる場面も。そんな拓を演じる坂口さんに「涙目で訴えかけるような表情で腕引っ張られたら捨て犬みたいで何も言えない気分になる」「今回のイノセンスで目覚めた…黒川先生めっちゃ可愛い」「坂口健太郎さん、傷ついて壊れそうな、どこかいじけたような雰囲気の出し方がとてもうまい」などの感想が集まる。


一方「お顔とお肌しか見てなかったから最後までなんのお話かよくわからなかった」など、そのルックスに改めて心奪われた視聴者も多数いた模様。

ついに次回は最終話。刺された楓はどうなるのか? 拓を狙った犯人は何者!? 拓と秋保の関係は? 真にも隠された目的がありそうで、11年前の事件の真実も含め、見逃せないラストになりそうだ。

《笠緒》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加