【ドラマニア】「はじこい」「3年A組」…“体感型”に軍配!冬クール「勝手にベスト3」

2019年もあっという間に3か月が過ぎ、冬クールのドラマ放送もまもなく終了。今期は、登場人物たちと一緒に胸キュンしたり、手に汗を握ったり…“体感型”の作品が強烈なインパクトを残してくれました。

最新ニュース コラム
深田恭子&菅田将暉&坂口健太郎
深田恭子&菅田将暉&坂口健太郎 全 10 枚 拡大写真
2019年もあっという間に3か月が過ぎ、冬クールのドラマ放送もまもなく終了。今期は、登場人物たちと一緒に胸キュンしたり、手に汗を握ったり…“体感型”の作品が強烈なインパクトを残してくれました。そこで本日は、毎クール全ての作品をチェックしているドラマニアな筆者が厳選! 冬クール「勝手にベスト3」をご紹介していきましょう。



第1位:三者三様“愛の囁き”に胸キュンが止まらない…
恋愛ゲームのようなドラマ「初めて恋をした日に読む話」



「初恋(はじこい)」の愛称で親しまれ、世の女性たちの黄色い悲鳴を呼び寄せた本作。深田恭子さん演じる主人公・春見順子は、東大受験に失敗して以降、仕事も恋もうまくいかなくなってしまった塾講師。ピンク頭のヤンキー高校生・由利(横浜流星)の東大受験を全力サポートすることで、自らの人生にかかった深い霧を振り払い、新たな一歩を踏み出していきます。

「初めて恋をした日に読む話」第7話 (C) TBS「初めて恋をした日に読む話」第7話より
本ドラマ最大の見どころは、勉強はできるのに、恋愛にはとことん疎い順子のキャラクター。由利をはじめ、従兄弟で幼なじみの東大卒エリート商社マン・雅志(永山絢斗)、さらには元同級生で、今は由利の高校の担任をしている山下(中村倫也)から猛烈なアプローチを受けるも――根っから「自分の人生に恋愛は無縁」と考えている順子は、どんな攻撃も華麗にスルー(笑)。そのため、視聴者は三者三様“愛の囁き”を自由に胸キュン体感できるというのが新感覚でした。まるで恋愛ゲームをプレイしているかのようなドキドキワクワクが癖になる…! 女子会での会話が大いに盛り上がる一作となりましたね。


第2位:菅田将暉が魂の限りで叫ぶ“最後の授業”
圧巻の演技バトルが魅力「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」


クラスメイトの死の真相を明らかにすべく、教師・柊一颯(菅田将暉)が生徒を教室に拘束――卒業までの10日間、前進全霊を懸けて“最後の授業”を行う学園ミステリー「3年A組」。先の読めない推理展開には中毒性があり、視聴率は異例の右肩上がり! 「2019年は3年A組の生徒たちが活躍する時代になる」と、SNSを中心に若手演技バトルの行方が大変な注目を集めました。

「3年A組―今から皆さんは、人質です―」 (C) NTV
不覚にも最初、やや既視感のある復讐劇かと誤解してしまったのですが、本作はとても奥の深い教師ドラマです。柊の行動は時に暴力的ではありますが、その姿勢は常に生徒と真正面から向き合う真摯なもの。「悪意にまみれたナイフで、汚れなき弱者を傷つけてはいけない」「ぐっと踏みとどまって、くるっと頭を一周させることが大切なんだ」――柊が涙ながらに全力で投げかける言葉を、生徒たちもまた心の扉を開いてしっかりと受け止めいきます。

視聴していて、ふと喉の奥から熱いものが込み上げ涙を流してしまう…いつの間にか自分も教室にいるかのような臨場感を体感できる一作。柊の言動が深く心に刺さったという方、多いのではないでしょうか。


第3位:決して“他人事”と思えない法廷劇――
物理学で、無実の真相を解き明かす「イノセンス 冤罪弁護士」


坂口健太郎さんを主演に迎え、物理学を用いた実証実験で冤罪事件の真相解き明かしていくヒューマン・リーガル・エンターテインメント「イノセンス」。起訴後の有罪率ほぼ100%と言われる日本の裁判現場において、決して“他人事”とは思えない逆転判決のリアルを描いた本作。

これまでにも冤罪を主題に扱う作品は多々ありましたが、現代社会において実際に起こった(または起こりうる)事件を題材とし、かつそれを学術的に徹底検証していく展開は目を奪うものがありました。

「イノセンス~冤罪弁護士~」 (C)NTV
一方でまた坂口さん演じる黒川が、まだまだ成長過程にあるイチ青年であるという描写が非常にリアルでしたね。弁護士、検事、裁判官――法を扱う職に就く人々もイチ人間であり、少なからず感情や先入観というものがある。葛藤の末、黒川はできる限りの思い込みを排除し、科学という根拠に基づいて捜査の矛盾点を突くという道を選びます。

冬クール三つ巴となった弁護士ドラマ、大逆転の法廷劇が魅力の「グッドワイフ」「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」と比べても、地に足のついた共感性が際立つドラマだったと言えるのではないでしょうか。

以上、いかがでしたか? 次回は、おすすめの春ドラマについてご紹介! お楽しみに~。

《text:Yuki Watanabe》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加