池袋の大型シネコン7月19日に開業へ!日本初IMAXオリジナル短編も上映

池袋に登場するシネマコンプレックス「グランドシネマサンシャイン」の開業が7月19日(金)に決定、それを記念して「IMAX(R)レーザー/GT テクノロジー」シアターにて、ショートフィルム『TRANSPHERE』の上映が決定した。

最新ニュース スクープ
『TRANSPHERE』イメージ
『TRANSPHERE』イメージ 全 16 枚 拡大写真
「キュープラザ池袋」内に登場するシネマコンプレックス「グランドシネマサンシャイン」の開業日が7月19日(金)に決定、それを記念して本施設の目玉である国内最大サイズのスクリーン「IMAX(R)レーザー/GT テクノロジー」シアターにて、ショートフィルム『TRANSPHERE(トランスフィアー)』の上映も決まった。

『TRANSPHERE(トランスフィアー)』は、昨秋公開の趣里主演、菅田将暉ら共演の『生きてるだけで、愛。』で長編劇場映画デビューし、新藤兼人賞を受賞した関根光才を監督に迎え、俳優の浅野忠信を父に、ミュージシャンのCHARAを母に持つ俳優の佐藤緋美と、「NYLON japan」「mini」などのレギュラーモデル・る鹿が映像作品初となる主演を務める。

全編フルサイズのIMAXで贈るラブストーリー


『TRANSPHERE』イメージ
通常のスクリーンと比べ、画角が上下合計で約40%も拡がる全編フルサイズのIMAX(R)映像(アスペクト比1.43:1)の制作は日本史上初の試みであり、さらにIMAX12ch サウンドシステムを駆使した作曲と音響設計をサウンドアーティストのevala氏が担当。国内最大サイズのスクリーンが持つスケール感と最高峰のサウンドシステムをフルに活かした極上の視覚×聴覚体験をショートフィルムで堪能でき、「IMAX(R)レーザー/GT テクノロジー」シアターにて、劇場公開作品本編の上映前に上映する。

関根光才監督関根光才監督
関根監督は、「日本でIMAX オリジナルコンテンツが制作されるのは初めての試み。その試みに相応しい、フレッシュな俳優陣とクリエイター達が集結して映像の神秘とユニークな物語で巨大スクリーンに挑戦しています。是非ご体験ください」と期待を込めてコメントを寄せている。

ストーリー


とある大学の授業中、主人公の男子学生は不思議な魅力を放つ1人の女子と目が合う。夜の都会で偶然彼女と再会した途端、彼は彼女の瞳に吸い込まれ、別の世界へ放り出される。時代を超えて国を超えて、様々な空間へと旅をする2人。そこで目にした光景は現実か、妄想か。2人の出会いは偶然なのか? それとも…

『天気の子』『東京喰種【S】』『トイ・ストーリー4』などが初日


『天気の子』 (C)2019「天気の子」製作委員会
また、開業時の上映作品ラインアップが決定。7月19日(金)からは『天気の子』『東京喰種 トーキョーグール【S】』『トイ・ストーリー4』『Diner ダイナー』『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』など、翌週7月26日(金)からは『アルキメデスの大戦』『ペット2』『劇場版 仮面ライダージオウ/騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE』など、バラエティ豊かな作品を個性が異なる12スクリーンで上映する。

『東京喰種【S】』 (C)2019「東京喰種【S】」製作委員会
そのほか、5階と12階にはそれぞれオリジナルブランドのカフェとレストランを出店。5階のカフェ「クラッパーズダイナー」は、アメリカンヴィンテージの映画のような居心地のよい空間で、焼きたてワッフルを楽しめるアメリカンワッフル専門店。映画を見ながら楽しめるワッフルサンドも用意される。

「クラッパーズダイナー」
最上階12階のレストラン「バール パノーラマ」は、スクリーンに映し出されたかのような街の景色を眺めながら、オールデイ楽しめるイタリアンバル。映画を見ながら味わえるパスタやパニーニ、ワインも用意するという。

「バール パノーラマ」
「キュープラザ池袋」内「グランドシネマサンシャイン」は7月19日(金)開業。

《text:cinemacafe.net》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加