ミリー・ボビー・ブラウン、いじめが原因で転校した過去を告白

「ストレンジャー・シングス」のイレブン役で一躍有名になり、31日には世界同時公開の『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』で映画デビューを果たすミリー。

最新ニュース ゴシップ
ミリー・ボビー・ブラウン(C) Getty Images
ミリー・ボビー・ブラウン(C) Getty Images 全 3 枚 拡大写真
「ストレンジャー・シングス」のイレブン役で一躍有名になり、31日には世界同時公開の『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』で映画デビューを果たすミリー。昨年11月20日の「世界子どもの日」には、史上最年少でユニセフの親善大使に就任したことが発表された。子どもの権利の向上に奮闘し、とりわけ「いじめの撲滅」を掲げるミリーは、自身がいじめを経験し、転校までせざるを得なかった過去について「Glamour」誌に語った。


「イギリスにいたとき、学校でいじめに遭ったの。だから、いじめに対して声を上げることは、私にとって特に重要なことなのよ。転校までしたわ。いじめのせいで、いまだにどうにかしなきゃならない不安や問題がある。現実世界でもオンラインでもそういう状況(いじめに遭うという)に対処してきた。本当にやりきれない気持ち。人々が私のことを書いているのを見るのは、心から傷付く」と心痛を吐露した。

「若い人たちが抱えるプレッシャーは、すごく大きくなっていると思う。まず私がはっきりさせたいことは、子どもたちは暴力と搾取から守られるべきということ。それと、SNSのネガティブな面と闘うこと。私にも経験があるけど、これはもう病気みたいなものよね。ネガティブな“ヘイト”は心底恐ろしいものよ」と、ユニセフの親善大使として改めて決意表明した。

《Hiromi Kaku》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加