山崎賢人&新田真剣佑&永野芽郁、初挑戦のアニメ声優への思いを語る!

俳優の山崎賢人が声優に初挑戦した映画『二ノ国』ジャパンプレミアが7月25日、豊洲PITにて行われ、山崎さんをはじめ、新田真剣佑、永野芽郁、宮野真守、梶裕貴、津田健次郎、百瀬義行監督、製作総指揮の日野晃博が出席した。

最新ニュース レポート
映画『二ノ国』ジャパンプレミア
映画『二ノ国』ジャパンプレミア 全 24 枚 拡大写真
俳優の山崎賢人が声優に初挑戦した映画『二ノ国』ジャパンプレミアが7月25日(木)、豊洲PITにて行われ、ユウ役の山崎さんをはじめ、ハル役の新田真剣佑、コトナ/アーシャ姫役の永野芽郁、ヨキ役の宮野真守、ダンパ役の梶裕貴、ガバラス役の津田健次郎、百瀬義行監督、製作総指揮の日野晃博が出席した。

■人気声優・梶からの賞賛に感動


映画『二ノ国』ジャパンプレミア
山崎さんにとって声優初挑戦となる本作。制作発表会見のときは「まさか自分に声優の仕事がくるなんて」と驚きを見せていたが、アフレコ前には不安もあり、以前から交流のあった梶さんに相談していたという。

梶さんは「賢人くんから頑張りたいという話を聞いていたので、自分にできるアドバイスをさせていただきました」と語ると、出来上がった作品を観て「すごく素敵でした」と温かい言葉をかける。

梶さんの賞賛に山崎さんは「ありがとうございます。感動しました」と表情を崩すと「声を入れたときはまだ完成していなかったのですが、百瀬監督の描いた絵のなかに自分の声が入り、音楽が加わった作品をみたとき、素直に感動しました」と貴重な経験だったことを明かす。

■新田さん、永野さんも「難しかった」


映画『二ノ国』ジャパンプレミア
山崎さんと同じく声優初挑戦となった新田さんは、アフレコを体験し「普段どれだけ僕たちが体を使って芝居をしているのかを実感しました。難しかった」と収録をふり返ると、日本語吹替え声優はあるものの、アニメ声優初挑戦となった永野さんも「全部大変でした。マイクの距離を変わらないのに、映画のなかのキャラクターの距離感は違う。自分一人で戦うのは孤独感がありました」としみじみ。

しかし、声優陣にとっては俳優と作品をコラボすることは大きなことのようで、梶さんが「普段あまりお仕事をしない方と共演するのは刺激になります」と語ると、宮野さんも「本当に刺激になりました。こうしたお芝居が作品の魅力になっているといいのですが」と期待を述べていた。

■山崎さんは鳥人間になりたい!?


映画『二ノ国』ジャパンプレミア
また本作では、登場人物たちが現実世界の一ノ国と、魔法世界の二ノ国を行ったり来たりするが、「二ノ国でどんな存在になりたいか?」という質問が飛ぶと、山崎さんは「僕は鳥のように空を飛びたいので、鳥人間になりたいですね」と珍(!?)発言。

会場がどよめくと、宮野さんは「僕は新田真剣佑になりたい。この子は本当にすごい。以前舞台を観に行ったとき、楽屋に挨拶にいくと、そこまで知り合いではないのに『(宮野さんがアニメ『ちはやふる』で声を演じた真島)太一~』って(笑)。このエネルギーはすごい武器ですよね」と新田さんの明るさに舌を巻いていた。

映画『二ノ国』ジャパンプレミア
『二ノ国』は8月23日(金)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加