“性のお悩み相談”のカリスマがズバッと語る『おしえて!ドクター・ルース』本編映像

90歳の現役セックス・セラピスト、ドクター・ルースの波瀾万丈な人生を描いたドキュメンタリー映画『おしえて!ドクター・ルース』本編映像が、いち早くシネマカフェにて解禁。

映画 洋画ニュース
『おしえて!ドクター・ルース』
『おしえて!ドクター・ルース』 全 13 枚 拡大写真
90歳の現役セックス・セラピスト、ドクター・ルースの波瀾万丈な人生を描いたドキュメンタリー映画『おしえて!ドクター・ルース』。この度、ラジオにゲスト出演したドクター・ルースが「ノーマル」という言葉をバッサリと斬る本編映像が、いち早くシネマカフェに到着した。

80年代のニューヨーク、日曜深夜にラジオから流れる「セクシャリー・スピーキング」に人々は夢中になった。誰も教えてくれない性のお悩みをズバリと解決するドクター・ルース。身長140センチ、ドイツ訛りの彼女は、そのチャーミングなキャラクターでたちまち、お茶の間の人気者になる。

『おしえて!ドクター・ルース』
自分らしく生きるために学び、恋し、戦い、働く。アメリカで最も有名なセックス・セラピストはいかに誕生したのか。ホロコーストの孤児、元スナイパー、シングルマザー、3度の結婚。本作は時代に翻弄された90歳の半生をたどるドキュメンタリー。

『おしえて!ドクター・ルース』
この度解禁された本編映像では、ラジオ番組にゲストとして招かれたドクター・ルースの姿が映される。「光栄です」とMCのジョナサンに熱烈に歓迎され、早速放送が始まる。まず冒頭、「ゲストはご存じー、セックス・セラピストのドクター・ルース!」と紹介されると、いきなり、「ちょっと待って」とルースからストップが。「“セックス”を棒読みしないで、もっと感情を込めなきゃ。親密さと喜び、興奮を込めて、やり直しよ!」といたずらっぽく笑ってダメ出し。

初っ端からの“ドクター・ルース節”炸裂に面食らいつつも、大きな笑顔になったジョナサンは、再び「“セックス”・セラピストのー」と生き生き紹介すると、今度はルースも「最高よ」と太鼓判。

『おしえて!ドクター・ルース』
また、ジョナサンは80年代にゲイの少年としてドクター・ルースのお悩み相談ラジオ番組「セクシャリー・スピーキング」を聴いており、自分の性的指向を肯定された気がしたことに、感謝の気持ちを伝える。ルースの顔つきは、優しくも真剣な表情になる。そして「ノーマル」という言葉が嫌いな理由について問われると、「曖昧だもの」と即答。「『セクシャリー・スピーキング』開始時の80年代当初は、誰も同性愛を語らなかった。私がひたすら訴えてきたのは、皆に敬意を払えということ。『ノーマル』なんてない」。きっぱりとした口調でそう言い切る姿は、80年代、タブーだった話題の切り込み隊長となり、マイノリティの人々に寄り添い戦ってきた勇姿そのものだ。


ドクター・ルースは、番組の成功で手にした信頼と知名度を武器に、当時社会に蔓延していた様々な差別や偏見と戦ってきた。80年代に猛威を振るったエイズへの偏見、女性の中絶問題、LGBTQの権利向上など、当時は語ることすら許されない空気のあった話題を議論の場へと持ち出し、問題解決へと動いた先駆者。

『おしえて!ドクター・ルース』
そこには、自身が幼い頃にホロコーストで家族を失い祖国を追われ、その後、移り住んだニューヨークでは英語力ゼロのシングルマザーとして娘を育てた。そんな経験から、弱い立場に置かれた人々に無関心でいられないという理由がある。本作で語られる、壮絶で波乱万丈のエピソードがてんこ盛りのドクター・ルースの人生を見逃さないで。

『おしえて!ドクター・ルース』日本版ポスター
『おしえて!ドクター・ルース』は8月30日(金)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加