三浦春馬と稲垣来泉の“親子愛”に感動の声、三浦貴大の“行動”に賛否渦巻く…「TWO WEEKS」第4話

三浦春馬主演、白血病の娘を救うため“2週間の逃亡劇”を繰り広げる男が主人公のタイムリミットサスペンス「TWO WEEKS」の第4話が8月6日オンエア。結城とはなのつかの間の“親子愛”と、有馬刑事がラストにとった行動に対する“賛否”にSNSが揺れている。

最新ニュース スクープ
「TWO WEEKS」第4話 (C) カンテレ
「TWO WEEKS」第4話 (C) カンテレ 全 3 枚 拡大写真
三浦春馬主演、白血病の娘を救うため“2週間の逃亡劇”を繰り広げる男が主人公のタイムリミットサスペンス「TWO WEEKS」の第4話が8月6日オンエア。結城とはなのつかの間の“親子愛”と、有馬刑事がラストにとった行動に対する“賛否”にSNSが揺れている。

主人公・結城大地に三浦さん。8年前に結城が犯人として逮捕された事件の真実を探るため検事となった月島楓に芳根京子。

2人の他、8年前、結城との間にはなを設けた青柳すみれに比嘉愛未。結城とすみれの娘・はなに稲垣来泉。現在のすみれの婚約者で結城を追う刑事・有馬海忠に三浦貴大さん。結城に罪を着せてきた柴崎コーポレーションの社長・柴崎要に高嶋政伸。楓とともに柴崎の裏の顔を暴こうとする・久我早穂子に黒木瞳といったキャストが出演する。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
柴崎の秘密が写されているであろうデジカメを回収しようとするも、サトルを灰谷に殺されカメラも奪われた結城は途方に暮れる。一夜を過ごした公園で若者に絡まれていた春川(柿澤勇人)を助け、手助けを受けた結城は、はなの手術の日まで離島に身を潜めようと考える。

その頃、捜査を進める楓はすみれの存在を知りはなの入院する病院へ赴き、そこで結城とはなの関係、結城がドナーになるために逃走を続けていることに知る。一方、柴崎もすみれの居場所を突き止め、はなが結城の娘であることを知る。さらに有馬も結城がはなのドナーなのではないかと疑いを抱き始める…というのが今回の物語。

春川から離島行きのフェリーチケットをもらった結城は、旅立つ前にはなが入院する病院へ向かい、一瞬だけはなと再会、満面の笑みを浮かべるはなに結城も笑顔をみせる…「はなちゃんを見つめながら変わっていくその表情にうるっときた」「結城とはなを結ぶ、強い運命がハッキリと見えました」などの声が集まる。

そしてラストはフェリーふ頭にやってきた結城は待ち伏せしていた警察に追われ、再び壮絶な逃亡劇へ。追い詰められた結城に有馬が銃口を向け、楓の制止も聞かず発砲。結城は川に落下する…というもの。

楓の言葉を無視して結城を撃った有馬の行動には「結城がドナーかもしれないと薄々気づいてたのに発砲したんだよね」「まさか嫉妬からの発砲?」「有馬おじちゃんの男の嫉妬が超怖い」などといった怒りの声が上がる一方、「有馬さんは結城逃がすために発砲したんじゃないの?」「わざと発砲した…と信じてる」「わざと発砲して結城を逃げさせたと信じたい」という意見も多数。両者のツイートがタイムライン上に入り乱れる状態になっている。

《笠緒》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加