明かされた“黒幕”…磯村勇斗演じる“殺し屋”の素姓にも憶測が乱れ飛ぶ「TWO WEEKS」第6話

三浦春馬主演、芳根京子らが共演する「TWO WEEKS」の第6話が8月20日に放送され、これまで謎に包まれてきた“黒幕”の存在が明らかに。さらに磯村勇斗演じる“殺し屋”灰谷の意味深な表情に新たな謎も生まれ、視聴者が沸いている。

最新ニュース スクープ
「TWO WEEKS」第6話 (C) カンテレ
「TWO WEEKS」第6話 (C) カンテレ 全 2 枚 拡大写真
三浦春馬主演、芳根京子らが共演する「TWO WEEKS」の第6話が8月20日に放送され、これまで謎に包まれてきた“黒幕”の存在が明らかに。さらに磯村勇斗演じる“殺し屋”灰谷の意味深な表情に新たな謎も生まれ、視聴者が沸いている。

悪徳実業家・柴崎要の身代わりとなって罪を着せられ逃亡する結城大地を三浦さんが演じ主演。父を失った復讐のため柴崎の悪を暴こうとする月島楓に芳根京子。結城との子どもであるはなを生んだ青柳すみれに比嘉愛未。すみれの現在の恋人だが結城を追う刑事・有馬海忠に三浦貴大。柴崎の部下の殺し屋・灰谷に磯村さん。柴崎コーポレーションの社長・柴崎要に高嶋政伸。楓を支える国会議員・久我早穂子に黒木瞳といった俳優陣が出演する本作。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
柴崎に捕まった結城を助けたのは楓だった。楓は自分が8年前の事件の被害者の娘だと明かし、柴崎に復讐するためデジカメが欲しいと告げる。結城はその言葉を信じるふりをして車を奪い逃走する。楓が結城と繋がったことを知った柴崎は裏で手を回し、楓を結城の担当検事から外させるが、このことで楓は警察や検察に柴崎への内通者がいるのではと考えるように。

その翌日、結城ははなが入院している病院に現れ、すみれと接触。すみれは結城を責めながらがデジカメを手に入れるために協力してほしいという頼みを聞き入れる。そこに有馬がやってきて結城を発見、追いかけようとする有馬を引き留めたすみれは、結城がはなの父親でドナーだと告白する…!?

そしてすみれは結城の指示デジカメを入手、すみれからデジカメを受け取った結城だが動画を閲覧するためのパスワードがわからず、楓に連絡。楓とともにデジカメの動画を見てみると、そこには柴崎と密談する早穂子の姿が映されていた…というのが今回の主なストーリー。

以前から“早穂子黒幕説”が唱えられていた本作だったが、今回のラストで早穂子が黒幕であることが明確になると「楓を支えてると見せかけて、監視してたのかな?」「黒木瞳さん怪しいと思ってたらやっぱりかー!読み当たった!」などの声が続々上がる。

また冷酷な殺し屋として結城の前に立ちはだかる灰谷だが「灰谷の表情がたまに意味深」「今日の灰谷の表情、意味深なのが多い」「楓ちゃんに対して何か感情が動いてるよう」など、単なる柴崎の手先ではないのでは? という声も上がっており、

「え、まって 灰谷 まさかの黒木瞳の息子なん?」「灰谷って、黒木瞳と高嶋政伸の息子なの...?」「灰谷も柴崎に復讐しに来たとかありえそう」など、灰谷の今後の行動に注目する視聴者も多数。

黒幕の存在が明かされるなか、新たな謎が生まれ…後半戦も目が離せない「TWO WEEKS」は毎週火曜21時~フジテレビ系で放送中。

《笠緒》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加