高橋一生×蒼井優、18年ぶり共演で儚げなキス…『ロマンスドール』初映像

高橋一生と蒼井優が夫婦役を演じる『ロマンスドール』。この度、初映像となる特報が解禁となった。

映画 邦画ニュース
『ロマンスドール』 (C) 2019「ロマンスドール」製作委員会
『ロマンスドール』 (C) 2019「ロマンスドール」製作委員会 全 4 枚 拡大写真
「凪のお暇」での好演も話題の高橋一生と、『百万円と苦虫女』('08)以来、映画では11年ぶりにタナダユキ監督と組む蒼井優が夫婦役を演じる『ロマンスドール』。この度、初映像となる特報が解禁となった。

>>『ロマンスドール』あらすじ&キャストはこちらから

岩井俊二監督の『リリィ・シュシュのすべて』('01)以来18年ぶりに共演を果たし、初の夫婦役に挑んだ高橋さんと蒼井さん。先日、親密に寄り添う2人の姿を初お披露目したビジュアルが解禁され、今後の展開に期待と注目が集まっている。

『ロマンスドール』 (C) 2019「ロマンスドール」製作委員会
この度、ついに初映像となる30秒の特報が到着。本作では、高橋さん演じる哲雄と蒼井さん演じる妻・園子がベッドで見つめ合い、ドキッとするほど美しく儚げなキスシーンが収められている。

愛し合う中で交わされるのは、「…どういう夫婦になりたかった? 私はね、なんでも言い合える夫婦になりたかった」「なにが言いたいの…?」という物憂げな会話。そして、それぞれの目線から対照的に添えられた、仲睦まじい夫婦の日常からは信じがたい、「妻を愛して“嘘”をついた」「夫を愛して“秘密”を持った」という印象的なメッセージの意味とは…?


この先に、どのような展開が待ち受けるのか。実力派2人が織りなす大人のラブストーリーに、ますます想像が膨らむ映像となっている。

『ロマンスドール』は2020年1月24日(金)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加