「僕らはアミーゴス!」唯一無二のバスケチーム描く『だれもが愛しいチャンピオン』予告編

迷走中のバスケットボールコーチと実在するハンディキャップ・チームとの絆を描いた『だれもが愛しいチャンピオン』から、観る者を引き込む予告編が到着。

映画 洋画ニュース
『だれもが愛しいチャンピオン』 (C)Rey de Babia AIE, Peliculas Pendelton SA, Morena Films SL, Telefonica Audiovisual Digital SLU, RTVE
『だれもが愛しいチャンピオン』 (C)Rey de Babia AIE, Peliculas Pendelton SA, Morena Films SL, Telefonica Audiovisual Digital SLU, RTVE 全 2 枚
拡大写真
迷走中のバスケットボールコーチと実在するハンディキャップ・チームとの絆を描き、2018年スペイン国内年間興収第1位の大ヒットとなった『だれもが愛しいチャンピオン』。この度、観る者を引き込む予告編が到着した。

日本でも6月に開催されたスペイン映画祭2019にて特別上映されるやいなや、会場は熱気に包まれ、多くの映画ファンの心をつかんだ本作。この度解禁となったのは、“負ける”ことが大嫌いなアラフォー男のコーチ・マルコと、バスケットが大好きなアミーゴスメンバーとのやり取りをユーモアたっぷりに映し出した予告編。

プロ・バスケットボールのコーチ、マルコは短気な性格が災いして問題を起こし、チームを解雇されてしまう。そのうえ、飲酒運転事故を起こして免停。判事から社会奉仕活動を命じられ、知的障がい者たちのバスケットボール・チーム“アミーゴス”を指導することに。

アミーゴスの自由過ぎる言動にはじめは困惑するマルコだったが、彼らの純粋さ、情熱、豊かなユーモアに触れて一念発起、チームは全国大会でまさかの快進撃を見せ…。


本作には、実際に障がいを持つ600人もの中からオーディションで選ばれた10名の“俳優”が出演。すでに完成していた台本を、彼らに“当て書き”で全面改稿した末に手にしたのは、スペイン映画における年間興行成績1位の栄誉だった。その人情味あふれる語り口は、爽快かつ心温まるエンディングに結実し、奇跡のラストへと繋がってゆく。

『だれもが愛しいチャンピオン』は12月27日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
友だち追加