吉高由里子、人懐っこさ全快で週刊誌記者に 「知らなくていいコト」1月期放送

吉高由里子が自分の真実に人生を狂わされる週刊誌記者を演じる、お仕事系ヒューマンドラマ「知らなくていいコト」が2020年1月期の新水曜ドラマに決定。「家売るオンナ」シリーズの大石静がオリジナル脚本を手掛ける。

最新ニュース スクープ
「知らなくていいコト」
「知らなくていいコト」 全 2 枚 拡大写真
吉高由里子が自分の真実に人生を狂わされる週刊誌記者を演じる、お仕事系ヒューマンドラマ「知らなくていいコト」が2020年1月期の新水曜ドラマに決定。「家売るオンナ」シリーズの大石静がオリジナル脚本を手掛ける。

あらすじ


政治家の不正から芸能人のスキャンダルまで、数々のスクープを世間に送り出す週刊誌“週刊イースト”。壮絶な職場で日々スクープを狙う女記者・真壁ケイトは、自信家ながらも、母譲りの人懐っこさで仕事も恋も絶好調の毎日を送っていた。

そんなある日…。シングルマザーとしてケイトを育て上げた、映画評論家で字幕翻訳の第一人者である母・真壁杏南が急死。母が最期の言葉で告げたのは、いままで一度も話したことのなかったケイトの父の名前。それは、誰もが知るあのハリウッドスターだった! パパがハリウッドスター!? んなワケないじゃん? でも、それっぽい証拠も出てきて…!?

出生の謎と父の秘密に迫るとき、人生最大の「知らなくていいコト」にぶち当たるケイト。「お父さんが本当は○○だったなんて…」母の残した謎の言葉によって、大きく狂わされる彼女の人生。

社会の真実を暴いてきた週刊誌記者が自身の真実を知ってしまったとき、一体どうなる?

週刊誌編集部を舞台に、1話完結で毎回、現代社会の時事性の高いトピックスを扱いながら、主人公が記者としてだけではなく、自分自身を取り戻すべく人として成長していく姿を描いていく本作。

吉高由里子
初めて記者の役を演じるという吉高さんは、「これまで取材される側だったのが取材する側に立つので、最近はよくニュースを見るようになったり、ニュースを受け取る側の気持ちを考えたりするようになりました」とコメント。

「新しいところに飛び込んでいく不安もありますが、また新たな景色を見ることができるという期待のほうが、今は膨らんできています。これまでの水曜10時のドラマとは、またひと味違った作品になりそうな予感がしています」と自身でも期待に胸を膨らませている。

また、脚本の大石氏は「政治家のスキャンダルや不倫を次々と暴く週刊イーストの編集部で働く辣腕記者のヒロイン。時にトリッキーにさえ見えるヒロインではありますが、その猪突猛進力、絶望からの回復力、想い全開力が、視聴者の皆様の日頃の憂さを、爽快に吹き飛ばしてくれることを願って書いています」とコメント。さらに「ヒロインと共に、週刊誌の使命、マスコミの使命とは何かを考えてみたいとも思っています」と力を込めている。

新水曜ドラマ「知らなくていいコト」は2020年1月8日より毎週水曜22時~日本テレビ系にて放送。

《text:cinemacafe.net》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加