『イップ・マン 完結』5月8日公開決定、ドニー・イェンが最後の闘いに挑む

ドニー・イェン主演シリーズ最新作『イップ・マン4 完結篇』(原題)が邦題を『イップ・マン 完結』として公開することが決定。併せて、日本版ティザービジュアルが解禁となった。

韓流・華流 スクープ
『イップ・マン 完結』 (C) Mandarin Motion Pictures Limited, All rights reserved.
『イップ・マン 完結』 (C) Mandarin Motion Pictures Limited, All rights reserved. 全 3 枚 拡大写真
ドニー・イェン主演シリーズ最新作『イップ・マン4 完結篇』(原題)が邦題を『イップ・マン 完結』として2020年5月8日より公開することが決定。併せて、日本版ティザービジュアルが解禁となった。

>>『イップ・マン 完結』あらすじ&キャストはこちら

本国版ティザー予告では、これまでのシリーズである戦時下の日本軍との闘いを描いた『イップ・マン 序章』、英国統治下のイギリス人との闘いを描いた『イップ・マン 葉問』、詠春拳同士の戦いを描いた『イップ・マン 継承』での孤高な闘いをふり返りつつ、最愛の妻と死別したイップ・マンが、ブルース・リーの招待を受け息子と渡米したサンフランシスコのチャイナタウンで繰り広げられる米海軍との闘いに立ち向かう姿を紹介している。

『イップ・マン 完結』 (C) Mandarin Motion Pictures Limited, All rights reserved.
さらに本国公開を前に解禁された予告編では、ドニー・イェン演じるイップ・マンが『ドクター・ストレンジ』のスコット・アドキンス、『SPL 狼たちの処刑台』のウー・ユエ、クリス・コリンズらとの新たなる闘いに臨む場面も描かれている。



今回、本作の日本版ティザービジュアル2種が解禁。1種は後ろ手を組むドニー・イェンの握った拳が印象的なデザイン。もう1種のデザインでは、でかでかと踊る数字の「4」の中で詠春拳の構えを取っている彼の姿が確認でき、イップ・マンの最後の闘いに期待が膨らむビジュアルに仕上がっている。

また、このデザインを用いたティザーチラシを12月20日(金)より、“イップ・マン”シリーズの聖地・新宿武蔵野館ほか全国公開予定の劇場にて設置予定。ティザーチラシは本国のティザーチラシ2種を表裏に配した特別版で、“イップ・マン”ファンにとっては、コレクターズアイテムとなること間違いなしだ。


『イップ・マン 完結』は2020年5月8日(金)より新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
友だち追加