松重豊&井之脇海が親子に、若月佑美らがアイドル役「父と息子の地下アイドル」

松重豊と井之脇海ら若手俳優陣が出演する青春ドラマ「父と息子の地下アイドル」の放送が決定した。

最新ニュース スクープ
ドラマW「父と息子の地下アイドル」
ドラマW「父と息子の地下アイドル」 全 3 枚
拡大写真
松重豊と井之脇海ら若手俳優陣が出演する青春ドラマ「父と息子の地下アイドル」の放送が決定した。

ストーリー


ひとり息子とは疎遠になり、寂しく暮らしていた高校教師・千堂真澄。かつては生徒に昔ながらの熱血指導をしていたが、いまのドライな子どもたちには通用しないと、日々もどかしさを覚えていた。そんなある日、千堂は突然息子の事故の知らせを受け、病室に駆け付ける。すると目の前には植物状態で横たわる息子・勝喜の姿が。

呆然とたたずむ千堂の元に、勝喜がプロデュースしている崖っぷちの地下アイドルグループ「オトメがたり」3人の少女が突然やって来る。解散寸前のアイドルの彼女たちの熱意に次第に心を動かされた千堂は、勝喜に代わってアイドルプロデューサーになることを決意。息子が目覚めるまでグループを守ろうと、地下アイドル業界で奮闘することに…。

優れたシナリオ作品を発掘し、新人脚本家の育成を目的に創設した「WOWOW新人シナリオ大賞」。2018年度に応募総数413編の中から大賞に輝いた光益義幸の「父と息子の地下アイドル」を今回放送。楽曲にもこだわった本格的なライブも繰り広げられ、エネルギッシュなシーンが満載となっている。

松重豊が教師役


松重豊「パーフェクトワールド」制作発表会見
松重さんが演じるのは、交通事故で植物状態になってしまった息子に代わり、地下アイドルグループをプロデュースすることになる主人公の教師・千堂。「ベテランの作家にない面白さを僕らが拾っていければ」と意気込んだ松重さんは、「地下アイドルについては、ニュースなどでしか観たことがないですし、実際にどういう空気感でやられているものなのか分からないので、役と同じように、地下アイドルというものに新鮮に驚いて尚且つ自分自身が動かされていくところまで面白く感じてみようと思います」とコメント。

井之脇海、父・松重豊に「負けないように頑張りたい」


井之脇海/『海辺の生と死』完成披露上映会
また、彼の息子・勝喜役には井之脇さん。父親との確執に葛藤する繊細な音楽青年という役どころだ。「地下アイドルを題材としたポップで疾走感のあるストーリーの中に、しっかりと登場人物の気持ちの揺れや夢への情熱が丁寧に描かれていて読み応えのある本でした」と脚本の印象を明かした井之脇さんは、父親役の松重さんについて「松重さんと初めてお会いした時、とても物腰の柔らかい素敵な方だと感じました。お芝居を一緒にさせていただくのは初めてなので、先輩に負けないように頑張りたいと思います」と意気込む。

若月佑美&芋生悠&加藤小夏がアイドルに


さらに、アイドルグループ「オトメがたり」のリーダー・椎奈役には元「乃木坂46」若月佑美。怜央役をジュノンガールズコンテストのファイナリストをきっかけにデビューした芋生悠。ひらり役を映画初ヒロインを演じる『踊ってミタ』の公開が控える加藤小夏がフレッシュに演じる。

若月さんは「元アイドルという肩書きは誇りでもあり、時には壁として現れてしまったりもするのですが、今回は逆に元アイドルという部分が活かせる役なので説得力とリアルさが良い方に出るように頑張りたいと思います」と語り、芋生さんは「WOWOWのドラマは役者を目指す以前から好きで観ていたので、ひとつ夢が叶ったという感じです」と喜ぶ。

そして「私とひらりは対極な気がしたので『何で私を?』とも思いました」と最初は疑問を感じたという加藤さんだが、「人前で踊るという機会が私生活では全くないので、今から楽しみにしています。ダンスの経験はあっても地下アイドルの踊りはまだ未知なので、新しい気持ちで向き合っていきたいです」とコメントしている。

そのほか、今井悠貴、遠藤久美子、鶴田真由、瀧本美織、深水元基がドラマをより盛り上げていく。

ドラマW「父と息子の地下アイドル」は2020年2月23日(日)22時~WOWOWプライムにて放送。

《cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
友だち追加