2020年、アジア映画がますます熱い!『エクストリーム・ジョブ』『悪人伝』ほか

『パラサイト 半地下の家族』をはじめ、2020年もますますアジアの映画が熱くなりそう。オススメ作品をピックアップした。

韓流・華流 スクープ
『エクストリーム・ジョブ』 (c) 2019 CJ ENM CORPORATION, HAEGRIMM PICTURES. CO., Ltd ALL RIGHTS RESERVED
『エクストリーム・ジョブ』 (c) 2019 CJ ENM CORPORATION, HAEGRIMM PICTURES. CO., Ltd ALL RIGHTS RESERVED 全 29 枚
拡大写真
カンヌの最高賞パルムドールを皮切りに、本国はもとよりアメリカをはじめ世界各国で大ヒット、映画賞レースでも注目を集めている『パラサイト 半地下の家族』。そのほかにも、『神と共に』シリーズのようなエンタメ超大作から『国家が破産する日』など国の暗部を見つめた社会派まで送り出す“活気のある”韓国映画、新世代が台頭し世界の映画祭で注目を集める中国映画、ド肝を抜く映像やストーリーで楽しませるインド映画など、2020年も年明け早々からアジアの映画が熱くなりそう。その中から、オススメ作品をピックアップした。


麻薬捜査×チキン屋で歴代No.1ヒット
『エクストリーム・ジョブ』1月3日(金)公開


『エクストリーム・ジョブ』ポスター (c) 2019 CJ ENM CORPORATION, HAEGRIMM PICTURES. CO., Ltd ALL RIGHTS RESERVED
昼はフライドチキン屋を営み、夜は潜入捜査を行う崖っぷち麻薬捜査チームを描いて、観客動員1,500万人超え、韓国歴代興収ランキング第1位の記録をつくった『エクストリーム・ジョブ』で、まずは初笑い。

“揚げる大捜査線”とはよく言ったもので、麻薬組織を24時間監視するために目の前のチキン屋を買い取り、試しにチキンを揚げてみたところ、絶対味覚を持つマ刑事の才能で店がまさかの大繁盛。本業の麻薬捜査がどうなってしまうのかが気にならずにはいられない。

『エクストリーム・ジョブ』 (c) 2019 CJ ENM CORPORATION, HAEGRIMM PICTURES. CO., Ltd ALL RIGHTS RESERVED
チーム班長を演じる『王になった男』『7番房の奇跡』『ポイントブランク ~標的にされた男~』などのリュ・スンリョンをはじめ、イ・ハニ、チン・ソンギュ、イ・ドンフィら個性豊かな俳優陣のアンサンブルも絶対に楽しい。なお、本作は『ジュマンジ』シリーズや『THE UPSIDE/最強のふたり』のケヴィン・ハート主演でハリウッドリメイクされることも決まっている。


気高き王妃の戦いに注目『マニカルニカ ジャーンシーの女王』1月3日(金)より2週間限定公開


『マニカルニカ ジャーンシーの女王』 (C) Esselvisionproduction(p) (LTD)
『バーフバリ』シリーズの監督S.S.ラージャマウリの父であり、同シリーズや『バジュランギおじさんと、小さな迷子』のK.V.ヴィジャエーンドラ・プラサード脚本のもと、傑作ロードムービー『クイーン 旅立つわたしのハネムーン』で高い評価を受けたカンガナー・ラーナーウトが主演するスペクタルアクション。

『マニカルニカ ジャーンシーの女王』 (C) Esselvisionproduction(p) (LTD)
彼女が演じるマニカルニカは、“インドのジャンヌ・ダルク”とも称され、人々から“ラクシュミー・バーイー”と呼ばれたインド史上最も有名な女性指導者。幼いころから武士階級の男子同様に剣や弓、乗馬を習って成長したマニカルニカは、史実では息子を背負ったまま馬と剣を巧みに操って戦かったと伝えられており、ポスタービジュアルにもその姿が再現されている。


チョン・ウソン×『神と共に』キム・ヒャンギ共演
『無垢なる証人』1月24日(金)公開


『無垢なる証人』 (C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
『アシュラ』のチョン・ウソンが、今回は信念を貫くより現実と妥協して俗物になることを決めた弁護士に。ある殺人事件の弁護で容疑者の無罪を立証するため、唯一の目撃者である自閉症の少女ジウを証人として立たせようとするが…という法廷ドラマ。熱狂者が続出した『神と共に』シリーズの“天使”ドクチュンことキム・ヒャンギが、その少女を演じる。


香港期待の新人監督とベテラン俳優のタッグ
『淪落の人』2月1日(土)公開


『淪落(りんらく)の人』 NO CEILING FILM PRODUCTION LIMITED (C) 2018
2019年・第14回大阪アジアン映画際で観客賞に選ばれた『淪落(りんらく)の人』は、本作が長編映画監督デビューとなる香港映画界の期待の星オリヴァー・チャンのもと、『インファナル・アフェア』などの名優アンソニー・ウォンが脚本にほれ込んでノーギャラで出演した話題作。半身不随の中年男性と、家族のために住み込み家政婦として働くフィリピン人女性の心の交流を描く。


チョウ・ユンファが完全復活『プロジェクト・グーテンベルク 贋札王』2月7日(土)公開


『プロジェクト・グーテンベルク 贋札王』 (C) 2018 Bona Entertainment Company Limited
引退もささやかれてたアジア映画界の帝王チョウ・ユンファと『風雲 ストームライダーズ』『コールド・ウォー/二つの正義』アーロン・クォックという2大スターW主演で贈る、二転三転は当たり前の予測不能なクライムアクションサスペンス。あの『男たちの挽歌』を思い起こさせる2丁拳銃姿のチョウ・ユンファを再び見られる日が来るなんて! 『インファナル・アフェア』脚本のフェリックス・チョンが初の単独監督と脚本も手掛け、中国で興収200億円超えのメガヒット、“香港アカデミー賞”香港電影金像奨で最優秀作品賞、監督賞、脚本賞など7部門を受賞している。


成長著しいD.O.が弾ける!
『スウィング・キッズ』2月21日(金)公開


『スウィング・キッズ』 (C) 2018 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & ANNAPURNA FILMS. All Rights Reserved.
『神と共に』で涙を誘った「EXO」のD.O.(ディオ)が、減量や剃髪といった外見的変化だけではなく、約5か月に及ぶ猛特訓で難易度の高いタップダンスを披露する! 黒人下士官ジャクソン(ブロードウェイで最優秀ダンサーに贈られるアステア賞を受賞しているジャレッド・グライムス)のもとに集うのは、D.O.演じるトラブルメイカーの朝鮮人民軍ロ・ギスや、満州出身の通訳者ヤン・パンネ、民間人捕虜のカン・ビョンサム、ダンスの実力を持つものの栄養失調の中国人捕虜シャオパンといったメンバーたち。

『サニー 永遠の仲間たち』を手掛けたカン・ヒョンチョル監督が、朝鮮戦争を背景しながら、人種や思想・イデオロギーを超えたチーム力とタップダンスに乗せた人間ドラマを見せてくれるはず。


ハ・ジョンウ×『テロ,ライブ』監督が再タッグ『PMC:ザ・バンカー』2月28日(金)公開


『PMC:ザ・バンカー』 (C) 2018 CJ ENM CORPORATION, PERFECT STORM FILM ALL RIGHTS RESERVED 
ほぼリアルタイムで進行した『テロ,ライブ』で世界をアッといわせた主演ハ・ジョンウと監督キム・ビョンウのコンビが、現代の韓国と北朝鮮の軍事境界線、地下30mにある“地下要塞(バンカー)”で息つく暇もない、最後まで気の抜けない極秘ミッションに挑む。

アメリカ、中国、韓国、北朝鮮の政治的思惑が絡み合う巨大な陰謀に巻き込まれていく、極限的な状況下でのミリタリー・サバイバル・アクションに加え、ハ・ジョンウ演じる傭兵エイハブと『パラサイト』イ・ソンギュン演じる北朝鮮のエリート医師との友情ドラマにも期待。


革新的な映像美『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』2月28日(金)公開


『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』 (C)2018 Dangmai Films Co., LTD, Zhejiang Huace Film & TV Co., LTD - Wild Bunch / ReallyLikeFilms
後半60分間、3Dのワンシークエンスショットという映像体験が話題となっている中国の新世代ビー・ガンの監督2作目。物語の中盤、主人公ルオが映画館に入り現実と記憶と夢が交錯する世界に入ると同時に、観客も3Dメガネを装着して、それを追体験できる。本国では名匠ジャ・ジャンクー監督『帰れない二人』の10億円を凌ぐ41億円のヒットとなったことは、ある意味、象徴的かも。

本作に合わせ、これまで未公開だったビー・ガン監督の長編デビュー作『凱里ブルース』も2020年4月よりシアター・イメージフォーラムほかにて公開が決定している。


実話ベースのネオノワール『シャドウプレイ』2月下旬


『シャドウプレイ』(c) DREAM FACTORY, Travis Wei
「第20回東京フィルメックス」にてオープニングを飾った、『ブラインド・マッサージ』『スプリング・フィーバー』などで知られる名匠ロウ・イエ監督作品。中国と香港、台湾を舞台に、2013年に広州市の都市開発に取り残された小さな村で起きた暴動をベースとし、Netflix『僕らの先にある道』のジン・ボーランを主演に、『レッドクリフ』2部作のソン・ジアを相手役に迎えたサスペンス。市場経済への移行を目指す改革開放が本格化した1980年代末からの変動の時代と、2018年に亡くなったヨハン・ヨハンソン(『メッセージ』『博士と彼女のセオリー』)の音楽にも注目。

『シャドウプレイ』(c) DREAM FACTORY, Travis Wei

ベルリンで絶賛!『在りし日の歌』4月3日(金)公開


『在りし日の歌』ビジュアル(C)Dongchun Films Production
今作もまた、80年代に一人っ子政策が進められる中、たったひとりの息子を亡くした夫婦が経済成長を遂げる1990年、2000年代と30年にわたり、激動の時代を共に生きていく物語。『北京の自転車』『我らが愛にゆれる時』のワン・シャオシュアイ監督の最新作。老けメイクだけでなく、内面の変化も繊細に演じた夫役の『薄氷の殺人』ワン・ジンチュン、妻役の『黒衣の刺客』ヨン・メイはそれぞれ第69回ベルリン国際映画祭最優秀男優賞、最優秀女優賞をW受賞する快挙を成しとげた。


ドニー・イェンのイップ・マン最終章
『イップ・マン 完結』5月8日(金)公開


『イップ・マン 完結』 (C) Mandarin Motion Pictures Limited, All rights reserved.
『ムーラン』や『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』などハリウッドでも活躍するドニー・イェンが、ブルース・リーの師イップ・マンを演じる4作目で、最新作にして完結編。最愛の妻と死別したイップ・マンが愛弟子ブルース・リーの招待を受けて渡米するも、サンフランシスコのチャイナタウンで米海軍との闘いに立ち向かうことに。最強の師弟タッグが実現する。監督のウィルソン・イップ、アクション監督の巨匠ユエン・ウーピンら、お馴染みのスタッフで描く最終章や、いかに!?


『バーフバリ』プラバース主演最新作
『SAAHO』(原題)春公開


『SAAHO』
『バーフバリ』シリーズで映画ファンを夢中にさせたプラバースが、架空の都市ワージーを舞台にしたクライムアクションに挑む。本国インドおよび世界では、オープニング世界興収が『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』に次ぐ第2位を記録、日本円で約45億円をあげたとか。メガホンを取ったのは、『バーフバリ』のS.S.ラージャマウリ監督の愛弟子で、注目の若手監督スジート。『ミッション:インポッシブル』や『マッドマックス 怒りのデス・ロード』級のカーアクションや肉弾戦に挑むプラバースに期待大。


MCUにも仲間入りのマ・ドンソク主演『悪人伝』夏公開


『悪人伝』 (C)2019 KIWI MEDIA GROUP. ALL RIGHTS RESERVED
『新感染 ファイナル・エクスプレス』でゾンビを素手でなぎ倒す愛妻家を演じてブレイクし、『犯罪都市』『神と共に 第二章:因と縁』などで大活躍、マーベル作品『Eternals』(原題)でハリウッド進出も果たす“マブリー”ことマ・ドンソク主演。凶悪なヤクザのボスが問題児の刑事と手を組み、自分をめった刺しにした犯人を追う。日本では一足先に「シン・ファンタ/復活!?東京国際ファンタスティック映画祭ナイト」にてお披露目。すでにシルヴェスター・スタローン製作でハリウッドリメイクも決定しており、強面マブリーが日本の夏を席巻する!?

マ・ドンソク (C) Getty Images

コン・リー&オダギリジョーら豪華共演
『サタデー・フィクション』秋公開


『サタデー・フィクション』(c)YINGFILMS
第76回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門に出品されたロウ・イエ監督最新作。第2次世界大戦が勃発する直前、世界各国の諜報員が暗躍する東洋の魔都・上海に実在する「蘭心劇場」で巻き起こる愛と謀略の物語。女優とスパイ、2つの顔を持つ主人公をコン・リーが演じるほか、オダギリジョーに中島歩、台湾のマーク・チャオら国際色豊かなキャストが見もの。


たくさん笑ってスカッとする、心躍るエンターテイメント作品から、激動の時代を生きる人々をとらえた人間ドラマまで、心惹かれる様々なジャンルの映画が勢揃い。4月には中国の新進女優リウ・イーフェイを主演に、コン・リー、ジェット・リー、ドニー・イェンなどアジアのトップ俳優たちが出演するディズニー作品『ムーラン』も控えている中、ますますアジアの俳優、アジアの映画は盛り上がりを見せることになりそうだ。

《text:Reiko Uehara》

特集

この記事の写真

/
友だち追加