「病気になってごめんなさい」悲痛な謝罪に視聴者「悲しい台詞」…「アライブ」6話

松下奈緒、木村佳乃が共演する「アライブ がん専門医のカルテ」の6話が2月13日オンエア。抗がん剤治療を否定し民間療法に頼ろうとする患者家族の姿、そしてついに明らかになった医療過誤の“真実”に、多くの視聴者から反響が巻き起こっている。

最新ニュース スクープ
「アライブ がん専門医のカルテ」第6話 (C) フジテレビ
「アライブ がん専門医のカルテ」第6話 (C) フジテレビ 全 9 枚 拡大写真
松下奈緒、木村佳乃が共演する「アライブ がん専門医のカルテ」の6話が2月13日オンエア。抗がん剤治療を否定し民間療法に頼ろうとする患者家族の姿、そしてついに明らかになった医療過誤の“真実”に、多くの視聴者から反響が巻き起こっている。

本作は薬物療法でがん治療に取り組む“腫瘍内科”を舞台に、松下さんが夫を医療過誤で亡くした腫瘍内科医の恩田心を、木村さんが心の夫の手術を執刀したことへの贖罪から彼女に近づく消化器外科医の梶山薫をそれぞれ演じる。


薫とともに心の夫・匠の手術を執刀した須藤進に田辺誠一。心のもとで治療にあたる腫瘍内科の研修医・結城涼に清原翔、同じく研修医の夏樹奈海に岡崎紗絵、ときに心と薫の心の支えとなる患者の高坂民代に高畑淳子、進と薫の医療過誤を暴こうとするジャーナリストの関河隆一に三浦翔平といったキャスト。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。


前回、匠の手術を執刀し医療過誤で死なせたと告白した薫に心は「消えて」と告げ、その場を立ち去る。薫は消化器外科部長の美川史郎(阿南健治)に退職を願い出るが担当している患者もいるため、すぐに辞める事は出来ない。

そんななか、心はステージ3の胃がんである土方絵麻(清水くるみ)と付き添いの父・徳介(ベンガル)、母・律子(宮田早苗)に告知、治療方針を説明するが、徳介は抗がん剤に否定的で、結局民間療法を頼ろうとする…というのが今回のストーリー。

結城と親しい乳がん患者の佐倉莉子(小川紗良)が抗がん剤治療に苦しむ姿を見て、治療を中止させようとする徳介。そんな父の姿を見て「病気になってごめんなさい」と涙を流し謝る絵麻…。その様に「抗がん剤治療してる人の苦しむ姿を見ちゃって不安になってしまったか」「いや娘に謝らせるなよおおおお」「悲しい台詞」と視聴者からも悲痛な叫びが上がる。


そして関河には新たな情報がもたらされ、匠の医療過誤は薫のミスではなく、進が原因だったことが判明する。信じてきた進が自分に罪をかぶせようとしていたことに大きな衝撃を受ける薫。その姿にも「信じてた須藤先生が??って感じだよね梶山先生」「この真実はまた薫先生にとってのショックが大き過ぎるな」「良かったけど良くないよね薫先生…」と同情の声が集まっている。

《笠緒》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加