“もう一つの世界”の妻には婚約者が…切なすぎる『ラブ・セカンド・サイト』予告

フランスで大ヒットした『あしたは最高のはじまり』のユーゴ・ジェラン監督と、『エール!』製作陣が再タッグを組んだ最新作『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』から、予告編とポスタービジュアルが解禁となった。

映画 洋画ニュース
『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』 (C) 2018 / ZAZI FILMS - MARS CINEMA - MARS FILMS - CHAPKA FILMS - FRANCE 3 CINEMA - C8 FILMS
『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』 (C) 2018 / ZAZI FILMS - MARS CINEMA - MARS FILMS - CHAPKA FILMS - FRANCE 3 CINEMA - C8 FILMS 全 1 枚 拡大写真
フランスで大ヒットした『あしたは最高のはじまり』のユーゴ・ジェラン監督と、『エール!』製作陣が再タッグを組んだ最新作『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』から、予告編とポスタービジュアルが解禁となった。

>>『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』あらすじ&キャストはこちら

今回解禁された予告編は、フランソワ・シビル演じるラファエルとジョセフィーヌ・ジャピ演じるオリヴィアの初々しい高校生時代から始まる。

結婚10年目を迎えたある日、目覚めたラファエルは“もう一つの世界”に迷い込んでしまう。元の世界では人気SF作家として活躍していたはずのラファエルは冴えない中学教師になる一方、小さなピアノ教室を開いていたはずのオリヴィアは人気のピアニストとして成功している、立場が逆転したものだった。


さらに、驚くべきことに彼女は彼のことを知らず、互いに一目惚れをした“運命の出会い”すらなかったことに。「あなたと結婚していたら、きっと幸せになれたわね」と笑顔で話すオリヴィアの言葉で、「僕は彼女を傷つけてばかりだった」とラファエルは過去の自分をふり返るが、自分の過ちを認め、彼女の存在の大切さに気づいたときには、彼女のそばには婚約者がいたのだった。

目に涙を浮かべこれまでの行動を悔やむラファエル。そして彼の記憶の中に確かに存在する彼女のはじける笑顔や2人で祝った誕生日、そして互いを愛しく想いながら抱きしめあった瞬間など、幸せだった日々が次々に駆け巡り、胸を締め付ける展開となっている。

予告編と同時に解禁されたポスタービジュアルには、「“愛”を知ること。それは、“愛”すること。」というコピーとともに、美しいパリを背景に笑顔で見つめ合うラファエルとオリヴィアの姿が。2人は“もう一つの世界”でも結ばれるのか、そしてラファエルは“元の世界”に戻ることができるのか、想像を掻き立てられる1枚に仕上がっている。

『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』 (C) 2018 / ZAZI FILMS - MARS CINEMA - MARS FILMS - CHAPKA FILMS - FRANCE 3 CINEMA - C8 FILMS
『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』は5月1日(金)より新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国にて順次公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

SPECIAL

この記事の写真

/
友だち追加