熱気球で亡命した家族描く…東西冷戦下の実話サスペンス『バルーン 奇蹟の脱出飛行』公開

東西冷戦下、手作りの熱気球で西ドイツを目指した平凡な家族の勇気と絆を描く実話サスペンス『BALLOON』(原題)の邦題を『バルーン 奇蹟の脱出飛行』として公開されることが決定した。

映画 洋画ニュース
『バルーン 奇蹟の脱出飛行』 (c) 2018 HERBX FILM GMBH, STUDIOCANAL FILM GMBH AND SEVENPICTURES FILM GMBH
『バルーン 奇蹟の脱出飛行』 (c) 2018 HERBX FILM GMBH, STUDIOCANAL FILM GMBH AND SEVENPICTURES FILM GMBH 全 2 枚 拡大写真
東西冷戦下、手作りの熱気球で西ドイツを目指した平凡な家族の勇気と絆を描く実話サスペンス『BALLOON』(原題)が、邦題を『バルーン 奇蹟の脱出飛行』として公開されることが決定した。

■ストーリー


1979年、東ドイツ・テューリンゲン州の電気技師ペーターとその家族は、手作りの熱気球で西ドイツを目指すが、国境までわずか数百メートルの地点に不時着してしまう。東ドイツでの抑圧された日常を逃れ、自由な未来を夢見ていたペーターは、準備に2年を費やした計画の失敗に落胆の色を隠せない。

しかし妻とふたりの息子に背中を押されたペーターは、親友ギュンターの家族も巻き込み、新たな気球による脱出作戦への挑戦を決意する。ギュンターが兵役を控えているため、作戦のリミットはわずか6週間。ふたつの家族は一丸となって不眠不休の気球作りに没頭するが、国家の威信を懸けて捜査する秘密警察の包囲網が間近に迫っていた…。

■東西冷戦下、西ドイツへと亡命した家族描いた実話サスペンス


東西冷戦下、西ドイツへと亡命した家族の奇想天外でスリリングな“逃飛行”を描いた本作は、1979年に実際に起きた奇蹟の実話を基にしている。ハリウッドのアドベンチャー映画さながらの脱出劇を実行し、本当に成功させてしまったのは、特殊技術も持たないごく平凡な一般市民で、総勢8名のメンバーの半分は幼児を含む子どもだった。

そんな彼らが、当時のメディアに「東ドイツからの最も華々しい亡命」と世界的に報じられた奇蹟の脱出作戦をいかにして成し遂げたのか。国家の裏切り者として逮捕、投獄されるリスクを知りながら、命を危険にさらしてまでも、なぜ一か八かの亡命を決断したのか。本作では、これらの疑問を解き明かすとともに、息もつかせぬ圧倒的なスリルと力強いエモーションで観る者を魅了する。

監督を務めたのは、『小さなバイキング ビッケ』『マニトの靴』などを手掛けたミヒャエル・ブリー・ヘルビヒ。手作りの熱気球で西ドイツを目指す家族を、『マーラー 君に捧げるアダージョ』『ルートヴィヒ』のフリードリヒ・ミュッケのほか、カロリーヌ・シュッヘデヴィッド・クロスアリシア・フォン・リットベルクらが演じる。

デヴィッド・クロス -(C) Getty Imagesデヴィッド・クロス
『バルーン 奇蹟の脱出飛行』は今夏よりTOHOシネマズシャンテほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
友だち追加