ティモシー&エル&セレーナ『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』夏公開へ!予告も

ティモシー・シャラメ、エル・ファニング、セレーナ・ゴメスら出演のウディ・アレン監督最新作『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』が今夏、全国公開決定。

映画 洋画ニュース
『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』 Photography by Jessica Miglio (C)2019 Gravier Productions, Inc.
『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』 Photography by Jessica Miglio (C)2019 Gravier Productions, Inc. 全 13 枚 拡大写真
ティモシー・シャラメ、エル・ファニング、セレーナ・ゴメスら人気俳優が集結し話題を呼んでいたウディ・アレン監督の最新作が『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』(原題:A Rainy Day in New York)として、今夏、全国公開されることが決定。その海外版予告と13点もの場面写真が到着した。

本作のメガホンを取ったのは、『アニー・ホール』('77)、『マンハッタン』(’79)、『カフェ・ソサエティ』(’16)、『女と男の観覧車』(’17)などニューヨークを舞台に数々の作品を発表してきた巨匠ウディ・アレン監督。古きよきアメリカの風情が残るニューヨークへのラブレターの集大成ともいえる本作は、ロマンチックなラブストーリー。現在84歳の監督自身「僕は、昔からこういうクラシックなラブストーリーが大好きなんだ」と語っている。

『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』 Photography by Jessica Miglio (C)2019 Gravier Productions, Inc.
2018年北米公開予定だったが、監督自身の「#Me Too」問題で公開中止に。2019年初夏のポーランドでの公開を封切りにヨーロッパを中心に続々と公開され、今回日本でも公開する運びとなった。

出演は、ルカ・グァダニーノ監督の『君の名前で僕を呼んで』でアカデミー賞&ゴールデン・グローブ賞ほか数々の賞にノミネートされ話題を呼び、さらにグレタ・ガーウィグ監督『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』やドゥニ・ヴィルヌーブ監督『Dune』(原題)などで新世代を牽引するティモシー・シャラメが、“生粋のニューヨーカー”・ギャツビー役に。

『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』 Photography by Jessica Miglio (C)2019 Gravier Productions, Inc.
『マレフィセント』シリーズのような大作からインディペンデント映画まで引っ張りだこのイット・ガール、エル・ファニングが、“アリゾナ出身の無垢なガールフレンド”・アシュレーを生き生きと演じ、コメディエンヌぶりを発揮。

『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』 Photography by Jessica Miglio (C)2019 Gravier Productions, Inc.
また、世界的歌姫で、『デッド・ドント・ダイ』にも起用されたセレーナ・ゴメスが“ストレートな物言いの知的な女性”・チャンに。

『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』 Photography by Jessica Miglio (C)2019 Gravier Productions, Inc.
そのほか、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』『シャーロック・ホームズ』シリーズのジュード・ロウ、『ビール・ストリートの恋人たち』『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のディエゴ・ルナ、『スポットライト 世紀のスクープ』『The French Dispatch』(原題)のリーヴ・シュレイバーなど実力派俳優が脇を固めている。

『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』 Photography by Jessica Miglio (C)2019 Gravier Productions, Inc.

ティモシー、エル&セレーナに翻弄される!? 海外版予告




海外版予告では、ギャツビーがガールフレンドのアシュレーから、マンハッタンで映画監督ローランド・ポラードに取材するチャンスを得たことを報告されるシーンから始まり、煌びやかな世界の住人たちとの予期せぬ出会いの連続に彼女が興奮する姿が描かれている。

一方のギャツビーも、元恋人の妹チャンに再会し、映画の撮影のエキストラとして熱い口づけを交わしてしまう。運命のいたずらに翻弄される3人の若者の恋の結末はどうなってしまうのかー?

『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』 Photography by Jessica Miglio (C)2019 Gravier Productions, Inc.
併せて解禁された場面写真では、ギャツビーとアシュレーが笑顔で肩を寄せ合っているラブラブな姿や、雨の中、ギャツビーとチャンがお互いに見つめあっている場面など、3人の恋の行方が気になるシーンが切り取られている。

『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』 Photography by Jessica Miglio (C)2019 Gravier Productions, Inc.
映画の舞台となるのは、美しい現代のマンハッタン。メトロポリタン美術館やセントラル・パーク、カーライルホテルなど数々の名所を舞台に、小粋なジャズピアノと雨音が彩る。撮影監督としてタッグを組んだのは、『カフェ・ソサエティ』『女と男の観覧車』も手掛けた、79歳の巨匠ヴィットリオ・ストラーロ。美しいカメラワークを駆使し、めくるめく空模様にあわせてキャラクターたちに印象的な光と影を創り出している。

『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』 Photography by Jessica Miglio (C)2019 Gravier Productions, Inc.
『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』は今夏、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
友だち追加