安達祐実、高校時代の“写メ”姿に「マジか…」と驚きの声「捨ててよ、安達さん。」第3話

女優・安達祐実が“自分役”で主演する「捨ててよ、安達さん。」がテレビ東京「ドラマ25」枠で好評放送中。注目の第3話が5月1日深夜に放送され、安達さんの“初代ガラケー”に収められた写メの女子高生ぶりに、改めて衝撃を受ける視聴者が続出している。

最新ニュース スクープ
「捨ててよ、安達さん。」第3話 (C) 「捨ててよ、安達さん。」製作委員会
「捨ててよ、安達さん。」第3話 (C) 「捨ててよ、安達さん。」製作委員会 全 4 枚
拡大写真
女優・安達祐実が“自分役”で主演する「捨ててよ、安達さん。」がテレビ東京「ドラマ25」枠で好評放送中。注目の第3話が5月1日深夜に放送され、安達さんの“初代ガラケー”に収められた写メの女子高生ぶりに、改めて衝撃を受ける視聴者が続出している。

主人公の“安達さん”が女性誌の連載企画の依頼を受けたことをきっかけに様々な“捨てられないモノ”を捨てていくという本作。

安達さんが芸歴36年目にして最初で最後の“自身役”で主演。安達さんの夢の中に出てくる謎の少女に川上凛子。“捨てられないモノ”が擬人化された姿を貫地谷しほり、臼田あさ美、戸塚純貴といったこれまで演じてきた。

3話では『翔んで埼玉』『パタリロ!』『PRINCE OF LEGEND』などでその個性が輝く加藤諒がゲスト出演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
西村マネージャー(西村晋弥)との会話でふと、学生時代に使っていた携帯電話の存在を思い出した安達さんは、自分の“初代ガラケー”を捨てることにするが、その夜、夢の中に安達さんが捨てるつもりだった初代ガラケー(加藤さん)が現れる。

初代ガラケーは“捨てる理由に納得感が欲しい”と言い出し、自分には安達さんの女子高生時代の青春が詰まってるというが、安達さんは「青春はなかった。仕事で迎えに来てもらうときに使ってた。高校時代はあまりいい思い出がない」と応える。

しかし初代ガラケーは食い下がり「1999年5月7日に何をしていたか思い出せたら捨ててください」と告げ、安達さんは目覚める…久々に電源を入れたガラケーには5月7日に“青春”を楽しむ安達さんの姿があった…というのが今回のおはなし。

ドラマと現実の安達さんを重ね合わせ「安達祐実の初ケータイは高校なのかあ」「安達さんが子供の頃からどんな歴史を歩んできたかを皆んなが知ってるってのが余計に引き込まれる」「面白くなってきたなー。子役時代から安達祐実と云う存在を知っているから、尚更」といった感想のほか、ラストでガラケーのなかに収められていた高校時代の安達さんの“写メ”にも「写メは今の安達さんなのか本当に高校生な安達さんなのか…」「あの高校時代の集合写真の安達さん、今の安達さんってマジか…」など驚きの声が寄せられている。

《笠緒》

特集

この記事の写真

/
友だち追加