ケイティ・ペリー、「メット・ガラ」で着用予定だった衣装を公開

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、5月4日に開催予定だったのが事実上中止(無期延期)となった「メットガラ」。

最新ニュース ゴシップ
ケイティ・ペリー-(C)Getty Images
ケイティ・ペリー-(C)Getty Images 全 5 枚 拡大写真
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、5月4日に開催予定だったのが事実上中止(無期延期)となった「メットガラ」。ファッション界の一大イベントであり、テーマに沿って個性を主張するのに、これ以上ふさわしい場所はないことから、出席予定だったセレブたちはがっかり…。ケイティ・ペリーもその1人だ。

オーランド・ブルームとの第1子女児を妊娠中のケイティは、「もし開催されていたら…#メットガラ2020」というキャプションに亀裂入りのハートマークを添え、着用予定だった衣装の画像をSNSで公開。1990年にマドンナがツアーで着用したジャン=ポール・ゴルチエのデザインによる円錐型のブラにそっくりなブラと、お腹をカバーするパッドで、今年のテーマだった「時間について:ファッションと持続時間」のケイティなりの解釈を表現した衣装だった。

この投稿をInstagramで見る

what would have been... #TheMetBall2020

KATY PERRY(@katyperry)がシェアした投稿 -


ケイティのほか、ジュリア・ロバーツやアマンダ・セイフライドは、今年「メットガラ」に着る予定だった衣装を身に着けた写真をSNSに投稿。ミンディ・カリングは昨年自身の“生首”を持って登場したジャレッド・レト、スケート選手のアダム・リッポンは2015年に「卵焼きみたい」と話題になったリアーナのドレスを模倣した衣装に身を包み、「メットガラ」気分を楽しんだ。


《Hiromi Kaku》

特集

この記事の写真

/
友だち追加