やんちゃな名犬バックの動きに注目『野性の呼び声』冒頭映像公開! 特別アートのプレゼントキャンペーンも

ハリソン・フォード主演映画『野性の呼び声』の先行デジタル配信開始を記念して、本編冒頭6分半の映像が公開された。

最新ニュース スクープ
『野性の呼び声』 (C)2020 20th Century Studios
『野性の呼び声』 (C)2020 20th Century Studios 全 12 枚 拡大写真
ハリソン・フォード主演映画『野性の呼び声』の先行デジタル配信開始を記念して、本編冒頭6分半の映像が公開。さらに、“特別アート”のプレゼントキャンペーンの実施もスタートした。

>>『野性の呼び声』あらすじ&キャストはこちらから

本作は、ディズニー・アニメーション『アラジン』や『ライオン・キング』などを担当したクリス・サンダースが、伝説の冒険小説を映画史上初めて全編通して実写映像化したスペクタクル・アドベンチャー。ハリソン演じる“孤高の男”ソーントンと、“最強の相棒”名犬バックの冒険と友情が描かれる。

『野性の呼び声』(C) 2020 20th Century Studios
到着した冒頭映像では、街中で自転車を追いかけたり、勢いよく家を駆け回るやんちゃなバックの姿が映し出される。結果、調理場、そして家からも閉め出されてしまうが、美味しそうなごちそうを発見したバックは、それをめちゃくちゃに…。そして、主人から反省しなさいと言われ、ポーチで過ごすバック。しかし、外から呼ぶ見知らぬ男に騙されて連れ去られてしまう…。

視覚効果プロデューサーには、本作の製作総指揮も務めるライアン・スタフォードと、アカデミー賞に3度のノミネートを誇るエリック・ナッシュが名を連ねるなど、一流クリエイターたちが集結。バックが関わるシーンには、人間を使ったアニメーションで置き換えるという手法で、大自然に生きる動物たちの生き生きとした姿を大迫力の映像で表現している。


本当の犬に成り切ってバックの動きを演じたのは、シルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーから、映画業界でも有数のモーション専門家&動作振付師となったテリー・ノータリー。犬の動きを何時間にも渡り観察し研究。ハリソンも「彼のおかげで僕の視線を定めることができたし、お互いの気持ちを通い合わせられた」と大絶賛。本映像では、そんな最先端の視覚効果と技術を駆使することで、リアルな動きを実現した名犬バックの様子を覗くことができる。

デジタル配信では、製作の舞台裏や、デジタル配信限定の「ひとりの男と相棒の犬」などの映像も収録されている。

そして今回のリリースを記念して、週刊漫画ゴラクにて連載中の「銀牙伝説ノア」の原作者・高橋よしひろが描く“特別アート”をプレゼントするキャンペーンを実施。

応募方法は、名犬バックの思わず泣けた名シーン、または愛犬が野性に還る瞬間を、指定のハッシュタグをつけてTwitterに投稿するだけ。『野性の呼び声』の主役であるバックと、ウィードを筆頭とする「銀牙シリーズ」の主要メンバーたちの凛々しい姿を描き下ろした特別アートが5名様に当たる!

高橋よしひろによる特別アート(C)高橋よしひろ/日本文芸社高橋よしひろによる特別アート (C) 高橋よしひろ/日本文芸社
本作を鑑賞した高橋氏は、ソーントンに対するバックの大きな愛情と友情のストーリーに対し「人間は嘘をつくけど、犬は嘘をつかない。どこまでも献身的な相棒にオトコ泣きです!」と感想を語っている。

<プレゼントキャンペーン概要>
●応募期間:6月17日(水)15:00~7月16日(木)23:59
●投稿内容:名犬バックの「#思わず泣けた名シーン」または、愛犬が「#野性に還る瞬間」
※それぞれのハッシュタグを付けて投稿
●投稿方法:Twitterもしくはメール
※Twitter投稿は当選確率が2倍
●当選者数:5名様

※1人何回でも応募可
※当選は1人1回限り
※賞品の発送は8月中旬を予定(やむを得ない事情により賞品の発送が若干遅れる場合あり)
※賞品のお届け先は、日本国内のみ
※お客様へのメールが不達などお届けできない場合は当選無効
そのほか注意事項は、キャンペーンサイトをご確認ください。

<『野性の呼び声』リリース概要>
6月17日(水)先行デジタル配信開始
7月3日(金)発売
『野性の呼び声 ブルーレイ+DVDセット』(4,000円+税)
『野性の呼び声 4K UHD』(6,000円+税)
(C) 2020 20th Century Studios

『野性の呼び声』キャンペーンサイト
<提供:ウォルト・ディズニー・ジャパン>

《cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
友だち追加