中村倫也主演『人数の町』、異常な町を映し出す予告編

中村倫也が主演を務め、ある町の謎に迫っていく新感覚のディストピア・ミステリー『人数の町』より、さらに謎が深まる予告編が到着した。

映画 邦画ニュース
『人数の町』(c)2020「人数の町」製作委員会
『人数の町』(c)2020「人数の町」製作委員会 全 7 枚
拡大写真
中村倫也が主演を務め、ある町の謎に迫っていく新感覚のディストピア・ミステリー『人数の町』より、さらに謎が深まる予告編が到着した。

>>『人数の町』あらすじ&キャストはこちらから

今回公開された予告編では、舞台となる出入りは自由だが離れることができない“町”のヒントが断片的な映像として描かれる。

借金で首が回らなくなった中村さん演じる蒼山が、意思が弱く世の中に居場所がないものたちが集められるその町に連れてこられるところから始まり、何かを打ち込まれるシーンや、妹を探しにやってきたという紅子(石橋静河)の姿も確認することができる。


さらに予告編と一緒に、物憂げな表情でバスに乗る蒼山と紅子、選挙の投票所のような場所にいる2人を切り取った写真も到着した。

『人数の町』(c)2020「人数の町」製作委員会
なお、7月10日(金)からは本作のムビチケカードが販売スタートする。

『人数の町』は9月4日(金)より新宿武蔵野館ほか全国にて公開。

《cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
友だち追加