香川照之“名言”連発に視聴者「最高に笑った」などの声続出…「半沢直樹」4話

堺雅人が主演を務める日曜劇場「半沢直樹」の4話が8月9日放送。電脳への500億融資を食い止めるため“宿敵”大和田と手を組もうとする半沢…「死んでもやだね!」「恩返し」など“名言”連発の大和田に視聴者からも「最高に笑った」などの声が上がっている。

最新ニュース スクープ
「半沢直樹」第4話 (C) TBS
「半沢直樹」第4話 (C) TBS 全 8 枚
拡大写真
堺雅人が主演を務める日曜劇場「半沢直樹」の4話が8月9日放送。電脳への500億融資を食い止めるため“宿敵”大和田と手を組もうとする半沢…「死んでもやだね!」「恩返し」など“名言”連発の大和田に視聴者からも「最高に笑った」などの声が上がっている。

7年ぶりに帰ってきた本作。今回は池井戸潤氏の「半沢直樹」シリーズから「ロスジェネの逆襲」と「銀翼のイカロス」をドラマ化。

主人公・半沢直樹役の堺さんのほか、半沢の妻・花役で上戸彩、半沢のライバルだった大和田暁役に香川照之、半沢に恨みを抱く伊佐山泰二役に市川猿之助、銀行で半沢を支える渡真利忍役に及川光博、東京セントラル証券のプロパー社員・森山雅弘役に賀来賢人、東京セントラル証券の新入社員・浜村瞳役に今田美桜、ベンチャー企業「スパイラル」社長・瀬名洋介役に尾上松也。東京中央銀行の副頭取・三笠洋一郎役に古田新太。東京中央銀行頭取の中野渡謙役に北大路欣也。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
銀行に逆襲を誓う半沢らは買収相手だったスパイラルと契約、電脳雑伎集団の逆買収に挑むが、そこに証券取引等監視委員会が現れ半沢らは危機に陥る。だがホワイトナイトとして買収案件に関わった「フォックス」が味方になったことで窮地を逃れたかに見えたが…というのがこれまでのストーリー。


4話では東京中央銀行がスパイラル買収のため電脳への500億円もの追加融資を進め、半沢らは再び危機に陥るが、電脳の収益に不透明な部分があることに気づく。その頃銀行の新体制プランを目にした大和田は、自分が伊佐山に裏切られたことを知り激怒する。半沢は電脳の粉飾の証拠をつかみ大和田に接触、追加融資が決まる役員会議に乗り込み電脳の不正と、電脳の金が三笠へと流れていたことを告発する…というストーリーが展開。


今回は半沢と大和田“宿敵”同士の共闘にネットも大きな注目。協力を願い出る半沢に「死んでもやだね!」と叫び返す大和田…車庫での2人の“対決”には「半沢VS大和田さんの戦いは本当にめちゃんこ最高に笑った」「半沢大和田対決は味が濃すぎる」「やっぱり半沢vs大和田の直接対決はいいねぇー」などの声が。


さらにラストでは半沢が銀行に戻り、帝国航空の再建という“難題”を担当することに。それを半沢にやらせるよう頭取に提案したのは大和田。銀行に戻った半沢を出迎えた大和田は半沢に対し「施されたら、施し返す、恩返しだ」と言い放つのだが、このシーンにも「そんな顔に見えない笑笑」「流行語モノになってもおかしくない名言」「流行語にならないかな」といった反応が続出。

前シーズン以来の大和田が大活躍した今回のエピソードに視聴者も大満足した様子だった。

《笠緒》

特集

この記事の写真

/
友だち追加