武井咲「黒革の手帖」SPでドラマ復帰、原作は「拐帯行」

武井咲が“稀代の悪女”原口元子を演じた「黒革の手帖」が、この冬、ドラマスペシャル「黒革の手帖~拐帯行~」として帰ってくることが分かった。

最新ニュース スクープ
ドラマスペシャル「黒革の手帖~拐帯行~」
ドラマスペシャル「黒革の手帖~拐帯行~」 全 1 枚
/
拡大写真
武井咲が“稀代の悪女”原口元子を演じた「黒革の手帖」が、この冬、ドラマスペシャル「黒革の手帖~拐帯行~」として帰ってくることが分かった。

2017年夏、松本清張作品初挑戦にして「黒革の手帖」史上最年少の原口元子役に抜擢された武井さん。3年ぶりの復活となる今作は、彼女にとっても記念すべきドラマ復帰作。

メガバンクから横領した1億8千万円と借名口座のリストが記された“黒革の手帖”を武器に、銀座の頂点に上り詰めた元子だったが、ドラマ最終回では彼女のもとへも警察の手がおよび、ついにどん底へと転落。

そして3年の時が経ち、刑期を終えた元子が、新たなスタートを切るところから今回の物語がスタート。1958年に発表した短編小説「拐帯行」(新潮文庫『黒地の絵 傑作短編集〔ニ〕』所収)を基に、全てを失った女が、金沢で再び頂点を目指しはい上がっていく。

再び元子を演じることになった武井さんは「放送を終えてからも、この作品のことを忘れたことはありませんでした。3年という時間が経ったとは思えないくらい、元子という女性が常に近くにいたような感覚でしたので、正直、お芝居への復帰は『元子じゃないと』『「黒革の手帖」じゃないと』という強い思いがあったんです。なので、今回のお話をいただいたときは本当にうれしかったです!」と自身にとっても思い入れの強い作品だったと語る。

今作については「私の中で元子という女性のイメージはもう出来上がって固まっているのですが、それでもやっぱり『こうしたいな』『あぁしたいな』って考え出すと止まらなくなってしまって、夜も眠れなくなってしまうほど! それくらい今は毎日楽しい現場を過ごしています!」と没頭していると明かし、「今回も私なりに精いっぱい準備して挑みました。私もいち『黒革の手帖』ファンとして、刑務所を出た元子の新たなスタートに胸が踊ったので、皆さんにも元子の行く末をぜひ見届けていただきたいです。絶対に期待を裏切らないストーリーが待っています!」と熱量いっぱいに語っている。

あらすじ


刑期を終えたものの、生活をなかなか軌道に乗せられない元子は、自分の過去を知る人物がいない土地で新しい人生をスタートさせたいと考え、金沢へ旅立つ。そこで、黒革の手帖と因縁を持つある人物から、総売上1千億円を誇る神代グループCEO・神代周吾を紹介され、彼が経営する高級クラブ「アルテローズ」でホステスとして働き始めることに。 

そんなとき、森村隆志という男がクラブに現れる。この男との出会いが、彼女の人生を大きく動かしていく…。

ドラマスペシャル「黒革の手帖~拐帯行~」は今冬、テレビ朝日系にて放送予定。

《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

特集

この記事の写真

/