クリストファー・ノーラン監督から直筆メッセージ到着「いつの日か東京で」

現在公開中の『TENET テネット』を手掛けたクリストファー・ノーラン監督から、日本での本作の大ヒットを受けて直筆メッセージが到着したことが明らかになった。

映画 洋画ニュース
『TENET テネット』(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved
『TENET テネット』(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved 全 5 枚
拡大写真
現在公開中の『TENET テネット』を手掛けたクリストファー・ノーラン監督から、日本での本作の大ヒットを受けて直筆メッセージが到着したことが明らかになった。

>>『TENET テネット』あらすじ&キャストはこちらから

週末興行収入4週連続No.1、『ダークナイト ライジング』を超え累計興行収入20億円突破、先週末の動員ランキング(10/10-11)では新作を抑えて再びNo.1に返り咲いた本作。

『TENET テネット』(C) 2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved
今回明らかになったノーラン監督からの直筆メッセージが届いたのは、池袋のグランドシネマサンシャイン。同館にあるIMAX(R)レーザー/GTテクノロジーシアターは、IMAX(R)フィルムカメラで撮影した映像をトリミングされることなく、1:1.43のフルサイズで鑑賞できる数少ない劇場であるため、多くのファンが連日詰めかけた。

公開初日午前0時と午前3時から最速上映を行い、午前0時の回は約10分で完売、18日分のIMAXレーザー/GTテクノロジー回も全て完売。ほかにも満席の回が続出し、グランドシネマサンシャインの『TENET テネット』IMAX(R)のオープニング興行収入(18日~21日の公開後4日間の興行収入)は、全世界のIMAX(R)シアターにおいて第1位の成績を収めた。

ノーラン監督は「皆さんの持つ素晴らしいIMAX(R)劇場での大成功、おめでとうございます。そして『TENET テネット』を、本来あるべき最高の状態で上映頂いたこと、心から感謝いたします。いつの日か東京で、皆さんの持つ巨大スクリーンで映画を観ることを楽しみにしています」と感謝のコメントを寄せた。

また本作は、続編への熱い声も集まっている。名もなき男を演じたジョン・デヴィッド・ワシントンは、米Esquireのインタビューで続編企画の有無について問われると「僕の中での答えは、イエスです!」「クリス(・ノーラン監督)は自身がやりたい事に取り組む方。もしかすると、彼には何年にも渡り準備してきた作品があるかもしれませんし、他に刺激を受けて取り組みたいと思っている作品があるかもしれません。僕としてはもう一度、出来たら嬉しいですけどね」と語ったが、「実際のところ、どうなるのかは分かりません」と回答している。

『TENET テネット』は全国にて公開中(IMAX(R)/Dolby CinemaTM/4D同時公開)。

《cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
友だち追加