※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

『野球少女』イ・ジュヨン「私の未来は誰にも分らない」…コーチの心を動かす本編映像

イ・ジュヨン主演、韓国発の傑作青春映画『野球少女』から、“プロを目指す”主人公と“プロになれなかった”コーチの静かなやりとりが胸に響く本編映像が解禁。

韓流・華流 スクープ
注目記事
『野球少女』 (C)2019 KOREAN FILM COUNCIL. ALL RIGHTS RESERVED
『野球少女』 (C)2019 KOREAN FILM COUNCIL. ALL RIGHTS RESERVED 全 12 枚
拡大写真
「梨泰院クラス」でマ・ヒョニ役を演じてブレイクしたイ・ジュヨン主演、韓国発の傑作青春映画『野球少女』。公開に先駆け、“プロを目指す”主人公チュ・スインと“プロになれなかった”コーチの静かなやりとりが胸に響く本編映像が解禁された。

>>『野球少女』あらすじ&キャストはこちらから

青春の日々を全て野球に捧げ、“天才野球少女”と称えられてきたイ・ジュヨン演じるチュ・スイン。高校卒業を控えたスインは、プロ野球選手の夢を叶えようとするが、“女子”という理由だけでプロテストさえ受けさせてもらえない。母や友達、野球部の監督からも夢をあきらめて、現実を見るようにと忠告されてしまう。

新任コーチのジンテ(イ・ジュニョク)は、最初こそ「なぜ野球部に女子が?」と冷笑していたが、何があっても自分を信じて突き進むスインの姿に心を動かされていく。


今回解禁された本編映像は、そんなスインとジンテがバスの中で会話するシーン。トライアウト(テスト)の参加さえも断られてしまった帰り道、バスの最後尾席に座る2人。「子供の頃、周りの子たちは“早く大きくなって、プロになりたい”と。私は違いました」とスインが話し始める。「なぜ?」と返すコーチに、「(女子だから)高校で野球はできないと言われた」とスインが応じる。野球を始めてから彼女はずっと、女性であることで多くの制約や困難と闘ってきたのだ。

『野球少女』 (C)2019 KOREAN FILM COUNCIL. ALL RIGHTS RESERVED
「私の未来は誰にも分らない。私でさえも」…自分ですら分からない未来を、誰かに決められたくないのだと、野球への情熱をコーチに伝えるスイン。自身はプロになる夢に破れたコーチのジンテは意を決して「プロに行けなかった俺でもいいのか?」と彼女の瞳を見つめる。この言葉を受けとめたスインは、真っ直ぐにコーチを見つめ返すと「代わりに行きます。それで十分」とプロへの固い決意を伝える。かすかな微笑みを浮かべたジンテは、心の奥である決意をするのだが…。

プロ野球選手になる夢をあきらない野球少女とプロ野球選手になれなかった新任コーチ。この日、芽生えた絆により、2人はそれまでとは真逆の猛特訓を開始する。やがてスインは、ついにチャンスを掴むのだが…。スインの未来はどんな展開を見せるのか、見逃せない。

『野球少女』 (C)2019 KOREAN FILM COUNCIL. ALL RIGHTS RESERVED
『野球少女』は3月5日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて公開。

《シネマカフェ編集部》

特集

この記事の写真

/

関連記事

【注目の記事】[PR]