潔癖症のふたりが運命的に出会う…台湾映画『恋の病』日本公開決定

台湾映画『恋の病 ~潔癖なふたりのビフォーアフター~』(原題:怪胎)の日本公開が決定した。

韓流・華流 スクープ
『恋の病 ~潔癖なふたりのビフォーアフター~』(C)2020 牽猴子整合行銷股フン有限公司 滿滿額娛樂股フン有限公司 台灣大哥大股フン有限公司
『恋の病 ~潔癖なふたりのビフォーアフター~』(C)2020 牽猴子整合行銷股フン有限公司 滿滿額娛樂股フン有限公司 台灣大哥大股フン有限公司 全 1 枚
/
拡大写真
潔癖症&不器用な彼と、潔癖症&窃盗症の彼女が繰り広げる予測不能な恋のドンデン返しを描いた台湾映画『恋の病 ~潔癖なふたりのビフォーアフター~』(原題:怪胎)の日本公開が決定した。

本作は、『あの頃、君を追いかけた』で執行監督(主に撮影現場で指導・指揮をする人)を務めてきたリャオ・ミンイーの監督デビュー作。

外出時には、防塵服に手袋とマスクで完全武装する重度の潔癖症の青年ボーチン。ある日電車に乗っていると、同じ車両に同じような完全武装をした潔癖症の女性ジンを発見。運命的な出会いを果たし、清らかな恋愛がスタートする。だが、あることからふたりは次第にすれ違っていく…というのが本作のあらすじ。

「恋は盲目」をテーマのひとつに、「恋の約束と固執」を描いた本作は高い評価を受け、世界中の映画祭で数々の賞を受賞。潔癖症な青年ボーチン役は、『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』や「金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件」にも出演していたリン・ボーホン、潔癖症である上、スーパーで万引きを重ねてしまう窃盗症のジンをニッキー・シエが演じ、第57回台湾アカデミー賞(金馬奨)で最優秀主演男優賞・女優賞にカップルでのノミネートとなった。

日本公開決定と併せて、ポスタービジュアルも到着。ジンが万引きを重ねてしまうスーパーを背景に、完全武装のふたりが写し出されている。

『恋の病 ~潔癖なふたりのビフォーアフター~』は8月20日(金)よりシネマート新宿・心斎橋ほか全国にて順次公開。

《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

特集

この記事の写真

/