Fukase、狂気感じる“映画初セリフ”を公開!『キャラクター』

『キャラクター』より、本作で俳優デビューを果たした「SEKAI NO OWARI」Fukaseが初めてセリフを発するシーンを切り取った本編映像が到着した。

映画 邦画ニュース
『キャラクター』(C)2021映画「キャラクター」製作委員会
『キャラクター』(C)2021映画「キャラクター」製作委員会 全 3 枚
拡大写真
明日6月11日(金)公開の菅田将暉主演の体験型ダークエンターテインメント映画『キャラクター』より、本作で俳優デビューを果たした「SEKAI NO OWARI」Fukaseが初めてセリフを発するシーンを切り取った本編映像が到着した。

>>『キャラクター』あらすじ&キャストはこちらから

約1年半もの間、お芝居のワークショップに通い、演技の勉強を重ね今回挑んだFukaseさん。演じる両角は、神出鬼没な上に犯行の目的や身元など、全てが謎に包まれた天才的な殺人鬼。

主人公の売れない漫画家・山城(菅田さん)と犯行後に事件現場で遭遇。その顔を見た山城が、両角を基に殺人鬼を主人公にした漫画を描いたことをきっかけに、両角の行動はエスカレートしていくのだ。

共演した菅田さんは「シンプルに一役者として対峙するのがすごく楽しかったです」とふり返り、「両角はFukaseさんしかいなかったですね」と絶賛している。

『キャラクター』(C)2021映画「キャラクター」製作委員会
今回到着した映像では、山道を歩く両角の後ろ姿からスタート。そして車から男性が「大丈夫ですか?」と声を掛けると、「大丈夫じゃないです」と不気味な笑みを浮かべながら答える両角。劇中でも、撮影現場としても、初めてセリフを発する場面となっている。


そしてその車に乗る両角。男の子が読んでいた漫画雑誌「ライジングサン」で連載中の「34(さんじゅうし)」に登場する殺人鬼ダガーが自分に似ていないか、と自ら話しかけ、いかにダガーが格好いいかをアピールする両角の表情は恍惚にふけっており、狂気が感じられる。

映像は、この辺で降りると両角が言うところで終了してしまうが、この後、何か恐ろしい事件が起こるのではないか、と続きが気になる映像となっている。

『キャラクター』は6月11日(金)より公開。

《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

特集

この記事の写真

/