嵐莉菜×奥平大兼『マイスモールランド』ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門に正式招待

是枝裕和監督が率いる映像制作者集団「分福」の新鋭監督・川和田恵真の映画『マイスモールランド』が第72回(2022年)ベルリン国際映画祭でジェネレーション部門に正式招待。監督とキャストからコメントが到着

映画 邦画ニュース
『マイスモールランド』 (C)2022「マイスモールランド」製作委員会
『マイスモールランド』 (C)2022「マイスモールランド」製作委員会 全 4 枚
拡大写真

是枝裕和監督が率い、西川美和監督らが所属する映像制作者集団「分福」の新鋭監督・川和田恵真監督の商業映画デビュー作で、 日本、ドイツ、イラン、イラク、ロシアというマルチルーツを持つ嵐莉菜が主演する映画『マイスモールランド』。この度、本作が第72回(2022年)ベルリン国際映画祭で韓国映画『はちどり』の受賞も記憶に新しいジェネレーション部門に正式招待、ワールドプレミア上映されることが決定した。


>>『マイスモールランド』あらすじ&キャストはこちらから

ごく普通の高校生活を送っていた17歳のサーリャ(嵐莉菜)は、あるきっかけで在留資格を失い、家族の日常が一変する。本作では、そんな過酷な環境な中で主人公サーリャが、東京に住む日本人の少年・聡太(奥平大兼)との出会いをきっかけにアイデンティティに葛藤しながらも、成長していく物語が描かれる。

メガホンをとる「分福」所属の川和田監督は、是枝監督の『三度目の殺人』(17)で監督助手、西川監督の『すばらしき世界』(21)でメイキングを担当するなど、多くの現場で研鑽を積み、本作で満を持しての商業映画デビュー。今回の招待にあたり、「歴史あるベルリン国際映画祭に『マイスモールランド』をご招待いただいたこと、大変光栄に思います。初監督にもかかわらず作品を信じ参加してくださったキャスト・スタッフの皆さん、そして、不安な状況に置かれながらも温かくご協力をしてくださった在日クルド人の皆さんに、この場を借りてお礼を申し上げます。映画と共に、込めた想いを届けてゆきます」とコメント。

本作で映画初出演&主演の大役を務めた嵐莉菜は、「初めて本格的なお芝居に挑戦させて頂いたこの作品が、ベルリン国際映画祭で上映されることが決まり、本当に光栄です! 私自身、ドイツにルーツがあるので、とてもご縁を感じ嬉しいです。大好きな国でこの作品がどのように評価されるのかすごく緊張しますが、それと同じくらいとても楽しみです!」とフレッシュな魅力そのままに喜びを語る。

さらに、映画『MOTHERマザー』で演技未経験ながら数百人の応募者の中から長澤まさみの息子役の周平役に抜擢され、多数の新人俳優賞を受賞し注目を集める奥平大兼は、「自分が携わった作品がこのような素晴らしい舞台に行けることがとても嬉しいですし役者としてすごく刺激になる出来事です。ベルリン国際映画祭をきっかけに『マイスモールランド』が世界中のたくさんの人に見てもらえるようになれば良いなと思います」とコメントを寄せている。

今回、第2弾ポスタービジュアルも解禁。添えられたキャッチコピー「ここに居たいと願うことは罪ですか?」とともに、 サーリャが真っ直ぐに前を見据える表情を捉え、彼女のささやかな願いさえ脅かす世界に対して、正面から立ち向かっていく決意を示すようなビジュアルとなっている。

歴史あるベルリン国際映画祭の中でも1978年から始まったジェネレーション部門は、子どもや青少年の人生と世界を探究する映画が紹介される部門。日本でも昨年スマッシュヒットを記録したキム・ボラ監督の『はちどり』が第69回のジェネレーション14プラス部門で受賞、例年フレッシュな作品が揃う注目の部門である。第72回ベルリン国際映画祭は現地時間2月10日~2月20日まで開催予定で、このジェネレーション部門からもグランプリ作品が選ばれる。

また本作は、企画段階のときに、2018年の釜山国際映画祭内にあり、映画の新企画やクリエイターを支援するイベント「ASIAN PROJECT MARKET (APM)」でアルテ国際賞(ARTE International Prize)を受賞。難民2世という題材をベースに、世界に開かれた視点で現代日本が抱える社会問題を切り取りながら、誰もが“自分ごと”としてとらえることのできるような普遍的なドラマとして描いている。

『マイスモールランド』は5月、全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/