村上虹郎、井上真央&尾野真千子の“弟”役に BS松竹東急開局ドラマ「夜のあぐら」

井上真央と尾野真千子が姉妹役を演じる、BS松竹東急開局記念特別企画ドラマスペシャル「夜のあぐら ~姉と弟と私~」が4月9日(土)に放送。2人の弟役の村上虹郎をはじめ、そのほかのメインキャストが発表された。

最新ニュース スクープ
「夜のあぐら ~姉と弟と私」キービジュアル(C)BS松竹東急/角川大映スタジオ
「夜のあぐら ~姉と弟と私」キービジュアル(C)BS松竹東急/角川大映スタジオ 全 3 枚
拡大写真

井上真央と尾野真千子が姉妹役を演じる、BS松竹東急開局記念特別企画ドラマスペシャル「夜のあぐら ~姉と弟と私~」が4月9日(土)に放送。2人の弟役の村上虹郎をはじめ、そのほかのメインキャストが発表された。

本作は、父親の死に直面した主人公が、遺産相続をめぐる騒ぎに巻き込まれる中で、家族という“繋がり”を再発見し、不器用ながらも前を向いて生きていこうとするヒューマンストーリー。主人公・秋子を井上さん、そして秋子の姉・春子を尾野さんが演じる。

生きていくことに冷めているようで、でも実は家族を大切に思っている弟・雪雄役にはNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」での好演が話題となった村上虹郎。井上さん、尾野さんとの軽妙な掛け合いには要注目。

そして、家族を振り回しながらマイペースに生きてきた父親役には岸部一徳、父のいまの“愛人”・ミドリさん役には南果歩、主人公たちの実の母親役には手塚理美と、様々な世代の実力派が顔を揃えた。

キャスト陣からコメント到着


【村上虹郎】
脚本を読ませて頂いた段階で、兄弟構成や家庭環境はかなり違えども雪雄との親和性は高いなと感じました。実際現場に行ってみてもそれは変わらずで、無理なくやれた感じがしてます。
やはり末っ子なので自分がこうである!こうありたい!の前に一筋縄ではいかない姉たちや家族たちがまずそこに存在してこその、アンサーとしての雪雄、みたいなところもあって、面白かったですね。
振り返ってみると、今までに出逢ってこなかったタイプの作品かもしれないです。そういう点と、ユニークな先輩方のキャラクターたちが面白いのは間違いないです。

【岸部一徳】
野尻(克己)監督のとても良い脚本、久しぶりに一緒に演ってみたい人たちとの仕事でした。開局記念のスペシャルドラマとして良い作品を完成して欲しいです。
新しい局として、松竹らしい、内容のある良いドラマづくりに繋がる事を期待しています。

【南果歩】
脚本を一読した後に残った爽快感を、大事にしたいと思いました。家族の思いや視点が、それぞれバラバラに見えても、不意に心通う瞬間があり、それが今の家族の有り様だとも感じました。この家族はそれぞれに悩みを抱えてはいるのですが、どこかユーモラスでもあるところがとても好きです。
現代の向田邦子ドラマとなる期待を持って、ミドリさんになりたいと思います。
素晴らしいキャスト、スタッフがじっくりと作り上げたドラマです。きっといろんな世代の方々に共鳴していただけると思います。ご期待ください。

【手塚理美】
「秋子の母」頂いた台本の役名にはそう記されている、、、
名前は何処にもない。
最初は、そうなのね、、、と、思い、
撮影を重ねる毎に、そうだったのね、、、と、なり。
そして、、、
そうであって良かった、、、となり、、、
撮影が終わった今は、、、
「秋子の母」を演じる事が出来て静かに嬉しいと思っております。
参加させて頂く事が出来て感謝であります。
この度、BS松竹東急開局記念特別企画ドラマスペシャル「夜のあぐら」に出演させて頂く事になりました。
家族とは?
繋がりとは?
この作品を通じて、ご一緒したキャストの皆様は私の愛おしい家族となりました。
どうぞ、放送を楽しみにしていて下さいませ。

開局記念特別企画ドラマスペシャル「夜のあぐら ~姉と弟と私~」は4月9日(土)21時~BS松竹東急にて放送。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]