『海底47m』製作陣がサメと裏切りのサバイバル描く『海上48hours ―悪夢のバカンス―』7月公開

『海底47m』シリーズの製作陣が再び海の恐怖を描く『SHARK BAIT(原題)』が、邦題『海上48hours ―悪夢のバカンス―』として、7月22日(金)より全国公開されることが決定。併せて、ポスターと予告編が解禁された。

映画 洋画ニュース
『海上48hours ―悪夢のバカンス―』(C)Vitality Jetski Limited 2021
『海上48hours ―悪夢のバカンス―』(C)Vitality Jetski Limited 2021 全 4 枚
拡大写真

海底に閉じ込められた危機的状況から脱する恐怖を描いたパニックスリラー『海底47m』シリーズの製作陣が、舞台を海上に移して再び海の恐怖を描くサバイバルスリラー『SHARK BAIT(原題)』が、邦題『海上48hours ―悪夢のバカンス―』として、7月22日(金)より全国公開されることが決定。併せて、ポスターと予告編が解禁された。

メキシコのビーチでバカンスを楽しむ大学生5人組は、酔っぱらった勢いにまかせて無断で水上バイクを乗り回す。ところが、衝突事故を起こしてしまい、壊れたバイクで遥か海上沖を漂うことに…。友情で結ばれていた彼らを待っていたのは、回避不可能な危機的状況の数々。さらに、追い打ちをかけるように獰猛なホホジロザメが彼らを襲い、2日間の“恋と友情のバカンス”は、“サメと裏切りのサバイバル”へと化していく。

監督は、『海底47m』と『海底47m 古代マヤの死の迷宮』でセカンドユニット監督を務め、『ゲットバック 人質奪還』などの監督でもあるジェームズ・ナン。そして、衝撃の実録ドラマ『暁に祈れ』で脚本を務めたニック・ソルトリーズが脚本を担当している。

解禁された予告編は、アメリカから来た5人がメキシコのビーチでテキーラを片手にバカ騒ぎする様子から始まる。しかし桟橋に停められていた水上バイクに無断で乗りこんではしゃぎ、衝突事故を起こしたことから、楽しいはずのバカンスが一転、悪夢になっていく。

仲間のひとりは重傷を負い、バイクのエンジンは故障。スマホは電波圏外で、助けを呼ぶこともできない。さらには浮気騒動も勃発し、凶暴なホホジロザメまで現れる。恐怖と裏切りが交錯する絶体絶望の海上から、彼らはサバイブできるのか、気になる映像になっている。

同時に解禁となったポスターは、絶体不可避な危機的状況から生き延びるため、海面から浮かび上がろうとする主人公の女子大生ナット(ホリー・アール)と、その彼氏のトム(ジャック・トゥルーマン)の必死の形相が切り取られている。

また、故障した水上バイクで沖を漂う5人に忍び寄る獰猛なサメの姿も。さらに水上バイクの衝突事故やエンジン故障など彼らを襲う悪夢の数々も時系列で紹介されており、インパクトあるビジュアルが完成した。

『海上48hours ―悪夢のバカンス―』は7月22日(金)より新宿バルト9ほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]