町田啓太が演奏、水谷豊は指揮者に『太陽とボレロ』夢を奏でる場面写真

水谷豊監督作第3弾『太陽とボレロ』より場面写真が到着した。

映画 邦画ニュース
『太陽とボレロ』(C)2022「太陽とボレロ」製作委員会
『太陽とボレロ』(C)2022「太陽とボレロ」製作委員会 全 12 枚
拡大写真

クラシックのオーケストラを題材に、音楽を愛する普通の人々の人間模様を洒脱なエンターテインメント作品として作り上げる、水谷豊監督作第3弾『太陽とボレロ』より、演奏シーンを収めた場面写真が到着した。


>>『太陽とボレロ』あらすじ&キャストはこちらから

本作は、解散が決定したアマチュア交響楽団を描く、涙あり、笑いあり、感動ありの物語。公開された場面写真には、本作の一番の見どころでもある演奏シーンが写し出されている。

水谷さん演じる藤堂謙の指揮の元、演奏する弥生交響楽団の姿をはじめ、あかり(森マリア)がヴァイオリンを弾いている姿、長野県安曇野市の緑溢れる風景の中で楽器を奏でている圭介(町田啓太)、吉村(六平直政)、山野(梅舟惟永)らの姿も。キャスト陣が吹き替え無しで挑んだ演奏シーン、監督のこだわりも詰まった豊かな自然と音楽のハーモニー、全編通して映し出される映像美に注目だ。

さらに、同期入団で仲の良い圭介とあかりが見つめあうシーンや、噴水前で会話する様子も公開。理子(檀れい)、鶴間(石丸幹二)を中心に、楽団員たちが神妙な面持ちで写るシーンや、理子が泣いている牧田(田口浩正)を慰めているかのような意味深なシーンも。弥生交響楽団に降りかかる数々の問題の一部が垣間見える。

『太陽とボレロ』は6月3日(金)より全国にて公開。

《cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]