韓国で共感集め大ヒット!リアルお仕事コメディドラマ「中小企業物語」S5配信

韓国内で熱い共感と支持を集め、総再生回数5,300万回超えを記録した新感覚コメディドラマ「中小企業物語」の続編となるシーズン5(全12話)が、月額動画配信サービス「WATCHA(ウォッチャ)」にて独占配信開始となった。

韓流・華流 スクープ
WATCHAオリジナルドラマ「中小企業物語」シーズン5 WATCHA 提供
WATCHAオリジナルドラマ「中小企業物語」シーズン5 WATCHA 提供 全 9 枚
拡大写真

韓国内で熱い共感と支持を集め、総再生回数5,300万回超えを記録した新感覚コメディドラマ「中小企業物語」の続編となるシーズン5(全12話)が、月額動画配信サービス「WATCHA(ウォッチャ)」にて独占配信開始となった。

本ドラマは、29歳にして人生で初めて正社員として採用された平凡な青年・チュンボムを中心に、従業員わずか数名の小さな貿易会社で繰り広げられる物語。先日、ウェブドラマとして初めて「カンヌ国際シリーズフェスティバル 2022」に正式招待され、多様化する韓国コンテンツの代表作として全世界に紹介された。

低予算ウェブドラマから始まった本作は、製作陣が実際に中小企業へ足を運び現実考証に基づいて制作された。適当過ぎる雇用契約や、ないに等しい福利厚生など中小企業の素顔をリアルに描き、コミカルな状況設定と相まって韓国で圧倒的な共感と支持を集めている。

シーズン5では、自社開発のアプリで思わぬ大金を手にしたチョン社長が新規事業を発足させるものの窮地に陥り、ライバルのペク社長は経営難をある秘策で乗り越えようと計画を立てる。いがみ合っていた両社は生き残るために運命共同体と化すことに…!?

なお、韓国ではあまりの人気ぶりに、劇中に出てくる「ムカムカ酒」と「チョームカムカ酒」の発売が決定。シーズン5で、アルコール事業を始めたチョンスンネットワークの社員たちがブランディングを計画する場面で出てくる焼酎の名前であり、中小企業ならではの言葉遊びとアイディアが詰まった商品となっている。同シリーズの主人公チョ・チュンボム役を演じているナム・ヒョヌが商品のモデルを務め、韓国では大きな話題を呼んだ。


ストーリー


自社開発マッチングアプリ「チュウしよう物語」が思いもよらない収益となり、チョン社長はご満悦。「ボーナスが出る!!」とテンション爆上がりの社員たちの期待に反して、「貿易マンたるもの海外にアンテナを向けるのだ!」と意気込む社長はまたもや思いつきで自社ブランド商品の輸出事業をいきなり発足させ、専任社員として“中小企業史上最もマトモ”な好青年が入社。しかし順調だと思われていた新規事業部に黒い影が忍び寄っていた…。

一方、ライバル会社の社長ペクは業績不振から脱するために政府から「企業支援金」をゲットしようと画策するが、致命的な問題に直面してしまう。悪運で結ばれたチョン社長とペク社長。2つの同業会社は絶体絶命のピンチのなかで「つぶし合い」か「和解」かの選択を迫られ、中小企業マンの仁義を貫きながら生き残りをかけた秘策を繰り出す!!

「中小企業物語」シーズン5はWATCHAにて1~6話が配信中、7月6日(水)より7~12話配信(全12話)。
シーズン1&シーズン2はWATCHA公式YouTubeにて無料配信中
シーズン3&シーズン4はWATCHAにて独占配信中


2021 AirPods(第3世代)
¥22,838
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]