犬派の田中圭が魅せる新たなハマり役『ハウ』の主人公・民夫

8月19日(金)より公開を迎える映画『ハウ』の主人公、田中圭が演じるちょっぴり気弱な青年・赤西民夫に注目。

映画 邦画ニュース
『ハウ』(C)2022「ハウ」製作委員会
『ハウ』(C)2022「ハウ」製作委員会 全 6 枚
拡大写真

『ゼロの焦点』『のぼうの城』の犬童一心監督と『ナミヤ雑貨店の奇蹟』『余命1ヶ月の花嫁』の斉藤ひろしが初タッグを組んだ、人と犬の絆を描く映画『ハウ』。8月19日(金)より公開を迎える本作の主人公、田中圭が演じるちょっぴり気弱な青年・赤西民夫に注目。


>>『ハウ』あらすじ&キャストはこちらから

気弱だがどこか放っておけない――


田中さんが演じる民夫は、ある日婚約者にあっさりフラれるも、彼女を引き留めたくても手も足も出ない市役所職員。

人生最悪な時を迎え途方に暮れていたが、彼を見かねた上司・鍋島史郎(野間口徹)の勧めにより、“ワンと鳴けない”真っ白の大きな保護犬・ハウを飼うことに。シャンプーをしようとして水浸しになってしまったり、リードを付けるのに苦戦したり、散歩中に勢いよく引っ張られ続けてしまったり…戸惑いつつも、温かなハウの存在に救われ、いつしか心の傷が癒えていく。

本作プロデューサーは「とにかくイメージがピッタリ」と熱烈オファーをかけるほど、田中さんのハマり役を予感していたという。田中さんは「(民夫にとってハウは)もうペットという感覚じゃないんですよ。実際犬と暮らしたことのある人なら分かってくれるんじゃないかな」と、飼い主とペットという域を超え、かけがえのないパートナーになっていることを明かした。

そんな2人の生活は癒し効果抜群。予告編では、民夫の帰りを待ちわびていたハウがしっぽを振り嬉しそうに歓迎している姿、仲良く窓辺に佇む後ろ姿など、愛おしい日々が映し出されている。

犬との本格共演は初! 相性抜群の“犬派”田中圭×俳優犬・ベック


ハウを演じたのは、演技初挑戦のベック。『南極物語』『ハチ公物語』『クイール』などを手掛けてきたドックトレーナー・宮忠臣から本格トレーニングを受け、監督をも唸らせる演技を披露。

「僕は生まれたときから実家にワンちゃんがいたし、学生の時も飼っていた“犬派”。なぜかワンちゃんには昔から好かれるので、ハウとの共演も大丈夫な気がしていました」と撮影前からベックとの共演に自信があったという田中さん。実際の撮影でも、随所で天才的な演技力を見せつけるベックと本気で心を通わせ合い、心温まる奇跡的なシーンの数々を生み出した。


幸せな時間は突然終わってしまう…


2人の幸せな時間は永遠に続くかと思われたが、ある日突然、ハウが民夫の前から姿を消してしまう。

意気消沈する民夫だが、同僚・足立桃子(池田エライザ)や鍋島史郎とその妻・麗子(渡辺真起子)など周囲の人々の温かさに触れながら、愛しのハウを探し続ける。一方のハウも、大好きな民夫への思いを頼りにひたすら走り続ける。

果たして、ハウと民夫は再会することができるのか? 待ち受ける優しすぎる結末に注目だ。

『ハウ』は8月19日(金)より全国にて公開。


ハウ (朝日文庫)
¥748
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]