飯豊まりえ“朱梨”の両親を殺した「真犯人は平安」説も浮上…「オクトー」第5話ラストの急展開に驚きの声

飯豊まりえ主演「オクトー ~感情捜査官 心野朱梨~」第5話が8月4日放送。ラストの急展開に驚きの声が上がるなか、朱梨の両親を殺した「真犯人は平安」だとする説も浮上、「今後どうなってしまうのか…」と不安を隠せない視聴者の声もSNSに投稿されている。

最新ニュース スクープ
「オクトー~感情捜査官 心野朱梨~」第5話(C)ytv
「オクトー~感情捜査官 心野朱梨~」第5話(C)ytv 全 5 枚
拡大写真

飯豊まりえ主演「オクトー ~感情捜査官 心野朱梨~」第5話が8月4日放送。ラストの急展開に驚きの声が上がるなか、朱梨の両親を殺した「真犯人は平安」だとする説も浮上、「今後どうなってしまうのか…」と不安を隠せない視聴者の声もSNSに投稿されている。

15年前に両親が殺害され姉が廃人同然になってしまったことをきっかけに、目を合わせた相手の感情を色として見ることができるようになった主人公が、表向きは警視庁を飛ばされてきたことになっているが、裏で密命を帯びる男性刑事とバディを組み、目に見えない感情から凶悪事件の深層に迫る新感覚の刑事サスペンス作品となる本作。

目を合わせた相手の感情を色として見ることができ、取り調べ中もスケッチブックに色を描いている心野朱梨を飯豊さんが。警察庁から神奈川県警へ異動し朱梨とコンビを組むが、裏では彼女や雲川について内偵を進めている風早涼を浅香航大が演じる。

平安が風早を使って内偵を進める調査対象ながら、前回のラストでは彼らを“逆調査”していることが明かされた雲川幸平に山中崇。15年前の朱梨の両親が殺害された事件の捜査に関わり、朱梨からは感謝されている次期警察庁長官候補の平安衛に船越英一郎。感情を失い入院生活を続けている朱梨の姉・心野紫織には松井玲奈。紫織の主治医・甲本祐希に臼田あさ美といったキャストも共演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

朱梨は15年前、事件のショックで入院していた頃にサポートしてくれた恩人である望月病院の院長・暁子(千葉雅子)の葬儀に参列するが、そこで暁子の秘書・潮田(浅利陽介)が暁子の夫・経二郎(佐戸井けん太)にカッターナイフを突き付け、朱梨らを人質に立てこもる。潮田は暁子はこの中にいる誰かに殺されたと主張するが、朱梨は潮田の目に“驚き”を表す水色を見る。

実は暁子には経二郎と結婚前に付き合っていた男性がいて、その男性との間の子どもが潮田だった。潮田はそのことを知り、秘書として暁子に近づいて、彼女と自分の父親を再会させようとしたが、その前に暁子が亡くなってしまったため、葬式に父親を呼んだのだが、父親が道中に事故に遭い出棺に間に合わないそうになくなって、時間稼ぎのために立てこもりを起こした…というのが5話の展開。

無事事件は解決するのだが、朱梨は一緒に拘束されていた元刑事の葬儀屋・小野寺(片桐仁)に握手を求められた際、彼の目を見て恐怖に震え、その場から逃げ出す。追いかけた風早に朱梨は小野寺が15年前の犯人だと言う。同時に連絡を受けた雲川は小野寺に、今でも平安と会っているのはなぜか問う…。

ラストの急展開に「最後の最後に急展開!本当に真犯人なのか?」「黒幕はやはり次長で実行犯が小野寺か?」「5話でこの展開がくるということは、今後どうなってしまうのか……」など視聴者の間に衝撃が走る。

一方、「平安さんと小野寺さんが会ってるってことは平安さんは犯人知ってる事になるよね」「平安さんと小野寺さんはなんで会ってるんやろ」と2人がいまだに会い続けていることに疑問を抱く声も上がっており「真犯人は平安(船越)」「山中崇は真犯人船越を調べている側と推測」など、船越さん演じる平安こそ“真犯人”ではないかとする説もSNSに投稿されている。

【第6話あらすじ】
朱梨と風早は人気華道家・円山(尾上寛之)の取調べを行うことに。円山は交通事故を起こし、駆け付けた警察官が彼の車のトランクから大量の血痕と血の付いたナタ、スコップを発見。状況的には円山が誰かを殺して遺体を埋めた可能性が高かったが、円山は記憶を失っていて、自分が殺人を犯したのかどうかも分からない状態だった…。

「オクトー ~感情捜査官 心野朱梨~」は毎週木曜日23:59~読売テレビ・日本テレビ系にて放送中。


重ね色
¥250
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《笠緒》

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]