ドラマ版「フラッシュ」のグラント・ガスティン、ファイナルシーズンの撮影開始を報告 ファンに感謝

2014年から8シーズンに渡って放送されてきた「THE FLASH/フラッシュ」が、次のシーズン9で幕を閉じる。

最新ニュース ゴシップ
グラント・ガスティン Photo by Amy Sussman/Getty Images
グラント・ガスティン Photo by Amy Sussman/Getty Images 全 3 枚
拡大写真

2014年から8シーズンに渡って放送されてきた「THE FLASH/フラッシュ」が、次のシーズン9で幕を閉じる。

主人公のバリー・アレン/フラッシュを演じるグラント・ガスティンは、「明日から『フラッシュ』ファイナルシーズンの撮影が始まります。長くて感動的な文章はシーズンの後半に取っておきますが、私はこれまでの道のりにとても感謝しています。様々な形で私を成長させてくれたというのは、まったくもって控え目すぎる表現です」と、ファイナルシーズンの撮影が開始することを告知。



ファンや「フラッシュ」に関わってきた全ての人々に感謝を伝え、「出演1年目のぼくの写真をちょっとお見せしますね」とつづって複数の写真をアップした。街角で大きな「フラッシュ」の看板を見上げるグラントや、アクションシーンの練習動画など、フラッシュになって1年目の若々しいグラントが見られる。

ファンからは「『フラッシュ』が終わってしまうなんて悲しいです」「ぼくは『フラッシュ』を見て育ってきました。本当にありがとう」「私の大好きなスーパーヒーローを演じてくれてありがとう。あなたはこれから先もずっと私にとってのフラッシュです」「今後の出演作を楽しみにしています」などのコメントが届いている。

《賀来比呂美》

賀来比呂美

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]