黒木華“ちはる”に「可愛いしおしゃ」「お洒落な服が合う」といったコメント多数、その行動に共感の声も…「僕の姉ちゃん」第9話

黒木華と杉野遥亮が姉弟役共演する「僕の姉ちゃん」の第9話が9月21日深夜オンエア。恋していることに気づいたちはるはハイヒールを買う…そんなちはるに「可愛いしおしゃ」といった声や、演じる黒木さんに「お洒落な服が合う」といったコメントが送られている。

最新ニュース スクープ
「僕の姉ちゃん」(C)テレビ東京
「僕の姉ちゃん」(C)テレビ東京 全 1 枚
/
拡大写真

黒木華と杉野遥亮が姉弟役共演する「僕の姉ちゃん」の第9話が9月21日深夜オンエア。恋していることに気づいたちはるはハイヒールを買う…そんなちはるに「可愛いしおしゃ」といった声や、演じる黒木さんに「お洒落な服が合う」といったコメントが送られている。

素朴でまっすぐに育ってきた社会人1年目の弟と、彼の30歳の姉のユーモラスな会話劇を中心にした、ゆるくまったりしたテイストが話題の本作。原作は益田ミリが雑誌「anan」で長期連載中の同名マンガで、「Amazon Prime Video」での配信に続き、この夏地上波で放送中。

ユーモラスで辛辣な発言をする、輸入家電の会社に勤める30歳の白井ちはる役を黒木さんが。ちはるの弟で素朴でまっすぐに育ってきた23歳、社会人1年目で冷凍食品メーカーに勤務する白井順平役を杉野さんがそれぞれ演じているほか、順平の上司・東海林明日美役で平岩紙といった顔ぶれも出演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

珍しくちはるが泥酔して帰宅。驚きながらも順平は、何か仕事ですごく嫌なことがあったのだと察し、優しく介抱する。そんなちはるは「人は全人類に好かれなくても生きていけるよな?」と順平に問いかけ、順平も「問題ない」と応じる。

その翌日、順平は自宅近くの映画館の前で偶然幼馴染の野沢メイ(湯川ひな)と再会。久々の再会を喜ぶメイは、ちはるにも会いたいといい、ちょうど飲み過ぎた翌日で、ちはるが在宅中なことから順平は自宅に招く。しかしちはるはあいにく不在で、順平はメイと紅茶を淹れて時間を過ごした後、メイを駅に送る。別れ際「ちはるさんは私のあこがれ」だと語るメイ。順平は姉を支持する女子が、姉に似ているとは限らないことが怖い、と内心で想うのだった。

別の日、今度は上機嫌で高価なアイスを買って帰ってきたちはる。素敵な相手とのデート帰りかと順平が尋ねると、以前から知る仕事相手(片桐仁)と飲みに行っただけだと言う。しかしどんな話をしたのか? と順平に問われても、会話の内容が思い出せない。「なんの話かも覚えてないし、タイプの顔でもないのになんか楽しかった、って 恋じゃん」と、ちはるは自分が恋していることに気づく。恋したちはるは新しいハイヒールを購入するのだが、靴擦れが風呂でしみるのだった…というのが今回のストーリー。

新しいハイヒールで夜風にあたるちはるに「黒木華のファッションが可愛いしおしゃ」「黒木華さんってマリリン・モンローに似てる気がする 表情が豊かでお洒落な服が合う」といった感想や、「気分が上がった日にちょっと良いアイスクリームを買って帰宅する感覚凄く共感」といったコメントも。

終盤ではカレンダーを見ながら、両親の帰国について話す場面もあり、視聴者からは「あっそうかつかの間の姉弟の日々だったと実感」「次週最終回なんて…信じたくなーーーーい!!」「来週で終わりか……あっという間だね。すごく早く感じるな」など、最終回を前に早くも終了を惜しむ声も上がっている。

【最終回あらすじ】
両親の帰国日が迫り、ちはると順平はサプライズで手巻き寿司パーティーを準備することを決める。一緒に家を片付けたり掃除をしながら、ついつい脇道に逸れる二人の会話。心の内のモヤモヤをゴミと一緒に捨てたい気持ちに駆られ、二人は楽しく鬱憤を吐き出す。帰国日当日、かるた式のつれづれとした会話がふと始まった…。

「僕の姉ちゃん」は毎週水曜深夜1:00~テレビ東京にて放送中。Amazon Prime Videoにて独占配信中。


「僕の姉ちゃん」
30日間の無料体験を試す

《笠緒》

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]