『ゴッドファーザー』製作裏の人間ドラマ「ジ・オファー」DVD2月発売

不朽の名作として名高い映画『ゴッドファーザー』50周年を記念し制作された「ジ・オファー/ゴッドファーザーに賭けた男」がパッケージリリースされることが決定した。

最新ニュース スクープ
「ジ・オファー/ゴッドファーザーに賭けた男」© 2023 Paramount Television Studios, a division of Paramount Pictures Corporation. All Rights Reserved.
「ジ・オファー/ゴッドファーザーに賭けた男」© 2023 Paramount Television Studios, a division of Paramount Pictures Corporation. All Rights Reserved. 全 12 枚
拡大写真

不朽の名作として名高い映画『ゴッドファーザー』50周年を記念し制作された「ジ・オファー/ゴッドファーザーに賭けた男」が、来年2月8日(水)にパッケージリリースされることが決定した。

平凡なサラリーマンのラディは、ふとしたきっかけで「パラマウント・ピクチャーズ」のプロデューサーのエヴァンスに出会う。つまらない生活を変えようとするラディは、パラマウントに入社。そこで与えられた仕事は、ベストセラー小説「ゴッドファーザー」の映画化。しかし、こだわりの強い監督や脚本家、商業的な成功を考える重役たちの間で製作は難航。その上、映画製作に反対するイタリア人の団体やマフィアからも狙われることに――。

本作は、映画『ゴッドファーザー』製作の裏に隠された、知られざる人間ドラマを全10話で描く作品。タイトルの「The Offer」(=決して断れない申し出)とは、マーロン・ブランド扮するドン・コルレオーネの有名なセリフからとったもので、スタジオ、マフィア、監督から二重三重の断れない申し出が、担当プロデューサーに降りかかる様子を描く波乱のエンターテインメント。

マイケル役のアル・パチーノは当時、無名でスタジオからNGが出されていたという事実や、プロデューサーへの脅し、イタリアにルーツを持つことで抜擢されたフランシス・フォード・コッポラ監督が新人扱いだったことなど、時代を超えて色あせない魅力を放ち続ける名作に隠された逸話の数々が語られ、70年代ハリウッドの世界をリアルかつクレイジーに映し出す。

劇中では、マイルズ・テラーが主人公の若手プロデューサー、ダン・フォグラーがコッポラ監督、パトリック・ギャロが原作者マリオ・プーゾとして、まるで本人と見まがう快演を披露。吹き替え版では、アル・パチーノの名吹替で知られた故・野沢那智の息子、野沢聡が若き日のアル・パチーノを担当したほか、中村章吾、加藤美佐、岩崎ひろし、牛山茂、田中美央が参加している。

全10話のドラマの中では、【コッポラ監督と原作者プーゾの微笑ましい共同執筆】、【馬の首のシーンのような脅しは本当にあった?】、【妨害の黒幕はフランク・シナトラ?】、【もともとキャスティングされていたのはあの俳優?】、【イタリア人を冒涜する映画は作らせないと息巻くマフィアのボスを懐柔したラディの機転とは?】といった物語を彩るエピソードが描かれ、全話観ることで『ゴッドファーザー』を見返したくなること間違いなし。

加えて、「ゴッドファーザー」舞台裏のそのまた舞台裏に迫る60分以上のメイキングも収録している。

「ジ・オファー/ゴッドファーザーに賭けた男」DVDは2023年2月8日(水)発売&レンタル開始。


「ジ・オファー/ゴッドファーザーに賭けた男」DVD商品概要
2023年2月8日(水)発売&レンタル開始
■DVD PJBF-1549
¥10,230(税抜¥9,300)
Disc枚数 5枚/本編時間 約539分/特典映像 約87分

《cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]