「口元が杉野くんに似てる」「犬飼大臣の息子っぽい」…謎のフード男の正体にSNS“考察班”沸く「罠の戦争」2話

草彅剛主演「罠の戦争」の2話が1月23日放送。亨の息子を突き落としたのは誰か!? 怪しげなフード男の正体に「口元が杉野くんに似てる」など“眞人説”を唱える声や、「犬飼大臣の息子っぽい」といった声まで様々な考察がSNSを駆け巡っている。

最新ニュース スクープ
「罠の戦争」第2話(C)カンテレ
「罠の戦争」第2話(C)カンテレ 全 8 枚
拡大写真

草彅剛主演「罠の戦争」の2話が1月23日放送。亨の息子を突き落としたのは誰か!? 怪しげなフード男の正体に「口元が杉野くんに似てる」など“眞人説”を唱える声や、「犬飼大臣の息子っぽい」といった声まで様々な考察がSNSを駆け巡っている。

息子が瀕死の重傷を負った議員秘書が、命をかけて尽くしてきた政治家から事件の“もみ消し”を指示される。思いもよらない「先生」の裏切りに対し、秘書は“弱い者には弱いなりの闘い方がある”と復讐を決意する…愛する家族を傷つけられた議員秘書が知略を尽くして鮮やかな“罠”を仕掛け、悪しき政治家を失脚させるリベンジエンターテインメントとなる本作。

常に冷静沈着、何があっても感情を表に出さず、必要があれば誰にでも頭を下げて、国会議員の“陰”となって奔走してきたが、その“先生”の裏切りに対し反旗を翻す議員秘書・鷲津亨を草彅さんが演じる。

また亨とともに犬飼議員に復讐する妻・鷲津可南子に井川遥。犬飼の秘書見習いとして働き出すが、実は犬飼に何らかの恨みを抱いている様子の蛯沢眞人に杉野遥亮。亨や蛯沢とともに復讐に協力する私設秘書の蛍原梨恵に小野花梨。

亨に協力する週刊誌記者の熊谷由貴に宮澤エマ。常に高圧的な態度で亨のことも見下す秘書の虻川勝次に田口浩正。亨の息子の事件を事故だとして“もみ消し”を計った内閣府特命担当大臣・犬飼孝介に本田博太郎。亨の友人で警察にパイプを持つ二世議員の鷹野聡史に小澤征悦。若くして総理大臣となった竜崎始に高橋克典。女性総理大臣の座を狙う鴨井ゆう子に片平なぎさ。裏で大きな権力を駆使する与党・民政党幹事長の鶴巻憲一に岸部一徳といった顔ぶれも共演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

息子の泰生(白鳥晴都)が歩道橋から突き落とされた事件をもみ消そうとする犬飼を失脚させようと決意した亨は、まずは大臣の懐刀である政策秘書の虻川を排除しようとする。女性秘書に対するパワハラや釈明会見での原稿ミスなどを立て続けに起こすよう仕向けるが、虻川の地位は盤石。虻川は事務所の金庫番で犬飼も知らない金の流れをすべて把握しているため、うかつにクビにはできない存在だった。亨は虻川の生命線ともいえる裏帳簿を何とかして手に入れようとする。一方虻川も亨が自分を陥れようとしていることを察知していた…というのが2話のストーリー。

泰生の事件について聞き込みをしていた亨は、事件の直前、路線バスの社内で泰生から老人に席を譲るよう声をかけられ、舌打ちした男性の目撃情報を入手。フードを被ったその男性は泰生を追いかけるようにバスを降りたという…男の口元が映し出されると、素性を“考察”する投稿がSNSに上がり始める。

「フードの男が眞人に見えちゃったのは僕だけか」「バスの中のフード被った少年、口元が凄く杉野ぼっちゃん、、?」「しかし、フードの男の口元が杉野くんに似てるんだよな」など“眞人説”を唱える声が上がる一方で、「フードの男が杉野くんって言ってる人いるけど違う。口が違う」といった声もあり、「フードの口元犬飼Jr.っぽかった」「犬飼大臣の息子っぽいけど」と、犬飼の息子の俊介(玉城裕規)説も上がるなど、様々な憶測がSNSを駆け巡っている。

【第3話あらすじ】
永田町では亨が虻川に変わって政策秘書へと昇進、一方、鶴巻は幹部たちを集め次の総選挙が早まりそうだと通達していた。その話を聞いた亨は犬飼からすべてを奪うチャンスがきたと考え、虻川の裏帳簿のコピーを調べ始める。すると事務所資金が俊介のための私的流用されていたことが判明する…。

「罠の戦争」は毎週月曜日22:00~フジテレビ系にて放送中。


嘘の戦争 DVD-BOX
¥17,573
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《笠緒》

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]