ジュリアン・サンズ、行方不明から11日が経過…捜索を続ける地元当局に家族が感謝

今月13日より、米マウント・ボールディを登山中だったジュリアン・サンズ(『眺めのいい部屋』)が行方不明となっている。

最新ニュース ゴシップ
ジュリアン・サンズ photo by Marco Piraccini/Archivio Marco Piraccini/Mondadori Portfolio via Getty Images
ジュリアン・サンズ photo by Marco Piraccini/Archivio Marco Piraccini/Mondadori Portfolio via Getty Images 全 2 枚
拡大写真

今月13日より、米マウント・ボールディを登山中だったジュリアン・サンズ(『眺めのいい部屋』)が行方不明となっている。11日が経過してもなお捜索を続ける地元当局に、ジュリアンの家族がSNSを通じて感謝の意を表した。

「最愛のジュリアンの捜索を調整してくださっている、サンバーナーディーノ郡保安官事務所の思いやりのあるみなさん。特にジュリアンを連れ戻すために、地上・空で困難な状況に立ち向かっている下記の英雄的な捜索チームのみなさんに、心より感謝を申し上げます」として複数のチーム名を挙げ、「あふれんばかりの愛とサポートに深く感動しています」とつづった声明文を公開した。

地元当局が20日に発表した捜索の状況によると、ジュリアンが消息を絶った山では雪崩が発生した形跡があり、地上での捜索はいまだ厳しくヘリコプターとドローンで行われているという。

23日には、ジュリアンとの関連はないがマウント・ボールディでさらなる行方不明者の捜索がスタートしたことも明らかにした。

「ジュリアンともう一人の方、どちらの無事も願っています」「捜索に携わっている方々はまさに英雄です。ありがとう」「どうか奇跡が起きますように。ジュリアンが無事に帰れますように」とファンから激励の声が寄せられている。

《賀来比呂美》

賀来比呂美

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

特集

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]