※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

『もののけ姫』サンをモデルにしたアソーカ・タノ、2人の3つの共通点「スター・ウォーズ:アソーカ」

「スター・ウォーズ:アソーカ」主人公アソーカ・タノは、スタジオジブリの長編アニメーション『もののけ姫』のサンをモデルにした、日本に深い縁のあるキャラクター。その3つの共通点とは?

海外ドラマ スクープ
注目記事
「スター・ウォーズ:アソーカ」 (C)2023 Lucasfilm Ltd.
「スター・ウォーズ:アソーカ」 (C)2023 Lucasfilm Ltd. 全 4 枚
拡大写真

「スター・ウォーズ」のオリジナルドラマシリーズ最新作「スター・ウォーズ:アソーカ」が8月23日(水)よりディズニープラスにて初回2話を独占配信。本作の主人公アソーカ・タノは、スタジオジブリの長編アニメーション『もののけ姫』のサンをモデルにした、日本に深い縁のあるキャラクター。そんなアソーカとサンには特徴的な顔の“デザイン”や、戦う孤高の女性という“キャラクター性”、武器を使った“戦い方”という3つの共通点があった。

アソーカ・タノは、アナキン・スカイウォーカーの唯一の弟子であり、ダース・ベイダーとなったかつての師とも戦った壮絶な過去を持つ、伝説の“元”ジェダイ。「スター・ウォーズ」の生みの親ジョージ・ルーカスの「アナキンにパダワンが欲しい!」という願いから誕生し、ルーカスと本作の製作・監督・脚本を務めたジブリファンのデイヴ・フィローニが一緒に作り上げたキャラクター。

デイヴは2016年の「スター・ウォーズ セレブレーション」にて「アソーカは『もののけ姫』からインスピレーションを受けている」と語っており、ジブリへのリスペクトを込めて考案したことを明かしている。『もののけ姫』のサンは、“犬神”と呼ばれる山犬に育てられ、自分を山犬だと信じ神聖な森を守るため人間と戦う少女。先日、SNSで「スター・ウォーズ」公式アカウントが2人の繋がりを公開したことで再びファンの注目を集めた。

そんなアソーカとサンの繋がりを表す1つ目の共通点は、顔の特徴的な模様と種族を象徴する頭部。2人はどちらも特徴的な見た目をもつキャラクターで、アソーカの額と頬には白い模様が施されており、サンの顔にも同じ場所に赤い刺青が入っている。

また、アソーカにはトグルータ族独特のしま模様の角があり、サンは山犬として生きるという決意を表すように山犬の象徴的な白い毛皮にとがった耳がついた被り物をつけている。こうした見た目の相似点だけでなく、種族を象徴する特徴という点にもサンへのリスペクトを感じさせる。

2つ目の共通点は、何かを守るために最前線で戦う女性ということ。アソーカはかつて無慈悲な帝国の支配を止めるため、反乱軍と共に立ち上がりダース・ベイダーをはじめとする帝国軍と戦ってきた。アソーカ役を演じるロザリオ・ドーソンは、そんなアソーカについて「困っている人を助けたい、正義の存在でありたいという意識が彼女を突き動かすのです」と解説している。

同じくサンも、シシ神の森と呼ばれる神聖な森を人間の侵略から守るため、森の主たちと共に立ち上がり最前線で戦った。

3つ目の共通点は、自分に馴染んだ武器を使った戦い方。アソーカといえば2本のライトセーバーを逆手に持って戦う姿が印象的だが、実はサンもエボシ御前と一騎打ちになった際、小さな小刀を逆手に持って戦っている。「マンダロリアン」チャプター13(シーズン2 第5話)ではアソーカと帝国軍の残党モーガン・エルズベスとの対決の様子が描かれたが、相手の攻撃を軽々とかわしながら俊敏な剣さばきを見せるアソーカの姿は、サンとエボシの一騎打ちを彷彿とさせる。

デイヴは「これまでのアソーカの物語には『もののけ姫』を意識したエンディングも存在します」と、キャラクターだけでなく物語自体にも『もののけ姫』の影響があったことを明かしている。そんなジブリへのオマージュを端々から感じさせるアソーカは、いまやアナキンやルークに次ぐ「スター・ウォーズ」のもう1人の主人公ともいわれ、その激動に満ちた新たな冒険の始まりは注目を集めている。

“元ジェダイ”として活躍するアソーカの新たな物語が描かれる本作。「マンダロリアン」シリーズと同じく帝国崩壊後(ダース・ベイダーが倒れた後)の銀河を舞台に、「スター・ウォーズ 反乱者たち」で素性を隠して行動を共にした新共和国を導く将軍ヘラ・シンドゥーラや、マンダロリアンの戦士サビーヌ・レンと再会したアソーカは恐るべき闇の脅威に立ち向かっていく。

ジェダイがほぼ残っていない暗黒の時代に、徐々に迫りくる暗い闇とは一体何のことなのか? アソーカを中心に描かれる、まだ誰も見たことがない「スター・ウォーズ」が新たな歴史を刻む。

「スター・ウォーズ:アソーカ」は8月23日(水)よりディズニープラスにて初回2話で独占配信開始。


Disney+公式サイトはこちら

《シネマカフェ編集部》

特集

この記事の写真

/

関連記事

【注目の記事】[PR]