『ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男』作品情報

2020年2月14日 公開の映画作品

あらすじ

カナダ政府とアメリカ政府が隠匿していた、未確認生物“ビッグフット”の存在が証明された。そのビッグフットは殺人ウイルスの保菌者であり、直径80キロ圏内の野生生物を死滅させるほどの威力を持っていた。人間への感染も確認され、すでに死に至っているケースもあるという。史上最悪の感染症が猛威を振るう中、当局はこの危機的事態にワクチンの生成を試みるも失敗。しかし、殺人ウイルスへの免疫を持つ数少ない人物、カルヴィン・バール氏を特定することができた。殺人ウイルスに免疫を持つカルヴィン・バール氏はなんと、第二次世界大戦の最中、史上最悪の独裁者アドルフ・ヒトラーを暗殺した最強のナチハンターだった!年老いた現在はリタイア中のカルヴィン氏だったが、FBIの要請を受け、最後のハンティングに挑む――。

cocoレビューを見る

予告動画・特別映像

スタッフ

監督 ・脚本

ロバート・D・クロサイコウスキー

キャスト

  • サム・エリオットカルヴィン・バール
  • エイダン・ターナーカルヴィン・バール(若い頃)
  • ケイトリン・フィッツジェラルド
  • ロン・リビングストン

作品データ

  • 2020年2月14日よりヒューマントラストシネマ渋谷「未体験ゾーンの映画たち2020」にて公開
  • 原題THE MAN WHO KILLED HITLER AND THEN BIG FOOT
  • 製作年2018
  • 製作国アメリカ
  • 上映時間98分
  • 映倫区分
  • 配給会社トランスフォーマー
  • クレジット©2018 MAKESHIFT, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
ジャンル
感情タグ