『ボヤンシー 眼差しの向こうに』作品情報 ヒューマン/ 社会派

2020年8月7日 公開の映画作品

あらすじ

カンボジアの田舎の決して裕福ではない家族。14歳のチャクラは、将来を期待されている兄とは違い、労働の担い手としか扱われない自分の境遇に納得がいかない。お金を稼ぎたいチャクラは、友人から"有給の仕事"を斡旋するというブローカーを紹介してもらい、誰にも相談することなく、単身、家を出る。チャクラは同じ境遇の数人たちとともに密かに国境を越え、タイに入国する。しかしそこで待ち受けていたのは、ブローカーによる"身売り"だった。他のカンボジア人やビルマ人とともに"奴隷"として漁船に放り込まれ、劣悪な環境下で労働を強制される。1日22時間魚を漁り、与えられる食料は、冷めた米飯のみ。陸から遠く離れた船の上で絶対的な権力を持つ船長は、歯向かう者や衰弱した者を見せしめのごとく拷問し、殺し、海に放り捨てていく。脱出することも、陸に上がって逃げ出すこともできぬまま、非人間的な環境と拷問の恐怖におびえ、チャクラの心は摩耗し、人間性は失われ、破壊的な人格が芽生え始める。14歳の少年が、非人間的な状況下で選んだ、生きるための手段とは…。

cocoレビューを見る

予告動画・特別映像

スタッフ

監督・脚本

ロッド・ラスジェン

キャスト

  • サーム・ヘンチャクラ
  • タナウット・カスロ
  • モニー・ロス

作品データ

  • 2020年8月7日 全国公開
  • 原題BUOYANCY
  • 製作年2019
  • 製作国オーストラリア
  • 上映時間93分
  • 映倫区分G
  • 配給会社イオンエンターテイメント
  • クレジット© 2019 Causeway Films HQ Pty Ltd, Filmfest Limited and Screen Australia. All rights reserved.
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ