『魔女の宅急便』が新年に優しさをお届け!金ロー「冬もジブリ」1週目

最新ニュース スクープ

(c)1989 角野栄子・Studio Ghibli・N  
(c)1989 角野栄子・Studio Ghibli・N   全 6 枚 拡大写真
「金曜ロードSHOW!」では「冬もジブリ」と題し2週にわたってスタジオジブリ作品を放送。1月5日(金)今夜は1989年公開の宮崎駿監督作品『魔女の宅急便』をオンエアする。

本作は『風の谷のナウシカ』『天空の城ラピュタ』『となりのトトロ』に続いて宮崎監督がスタジオジブリで手がけた長編アニメ映画であり、魔女の女の子・キキが人間社会での様々な出会いを通して成長していく様を描いた作品。“魔法”というファンタジーの要素がありながらも、そこに登場する人々は親近感溢れる“普通の人々”であり、誰もが親しめ共感できる心温まる一作となっており、2014年には原作小説が実写映画化、さらには何度もミュージカル化されるなど根強い人気を保ち続けている。

魔女のおかあさん・コキリと人間のおとうさん・オキノに愛されて育った天真爛漫な魔女の女の子・キキは、魔女の掟に従い、一人前の魔女になるため知らない街で一人暮らしをする旅に出る。

『魔女の宅急便』(C)1989 角野栄子・二馬力・GN
海沿いの大都会・コリコを「新居」にしようと決めるも、大都会に戸惑い騒動を巻き起こしてしまう。落ち込むキキだがパン屋のおかみさん・おソノと知り合い、彼女の家の離れに下宿しながら、魔女の空を飛ぶ力を使って「お届け屋さん」をすることになる。新生活に少しずつ慣れ始めていたある日、街で初めて声をかけてくれた少年・トンボがキキをパーティーに誘う。初めてのパーティーに胸をときめかせるキキは、大急ぎで仕事を片付けようとするのだが…。

(c)1989 角野栄子・Studio Ghibli・N  
主人公・キキの声優は「名探偵コナン」の江戸川コナン役をはじめ、数々の名作に出演してきた高山みなみが担当。トンボ役は「ONE PIECE」のウソップ役など、こちらも数々の作品で知られる山口勝平が、おソノ役は声優としてだけでなく女優としても「ショムニ」シリーズや「ちゅらさん」などに出演している戸田恵子がそれぞれ担当している。

またテーマ曲には荒井由実の「ルージュの伝言」「やさしさに包まれたなら」が起用され、作品世界の暖かい雰囲気をより盛り上げている。

(c)1989 角野栄子・Studio Ghibli・N  
金曜ロードSHOW!『魔女の宅急便』は1月5日(金)21時~日本テレビ系にて放送。「冬もジブリ」2週目となる来週1月12日(金)は『ゲド戦記』を放送する。

《笠緒》

この記事の写真

/

特集

友だち追加